「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

新春は2月10日(金)無名庵シネクラブ映画上映!

眼にうつるさまざまのこと・・昨年は・京、西行庵をやっと見学できました。
芭蕉は西行の「撰集抄」を思い出し、新春の句を詠んでいる。
薦(こも)を着て誰人(たれひと)います 花のはる 芭蕉
新春は、健康を一番に「無事」の文字から書き初めとします。
年始めは10日(火)から無名庵は開きます。新春よろしく!
c0211734_17195872.jpg

無名庵シネクラブ映画上映会2月10日(金)午後6時30分から
波多野哲朗さん推薦のフライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第36弾
映 画 上 映 会
2017年2月10日(金)午後6時30分から
無名庵(むめいあん)ギャラリーにて ギャラリーは午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。
『青の稲妻』原題:任逍遥
監督:賈樟柯(ジャ・ジャンクー)
2002年/中国映画(または中国・日本・韓国・フランス映画)/113分

監督・脚本:賈樟柯(ジャ・ジャンクー)  製作総指揮:森昌行・定井勇二  
製作:市山尚三・リー・キットミン  撮影:余力為(ユー・リクウアイ) 
美術:リャン・チントン  主題曲:リッチー・レン
出演:趙濤(チャオ・タオ)、趙維威(チャオ・ウェイウェイ)、呉〔王京〕(ウー・チョン)
李竹斌(リー・チュウビン)、周慶峰(チョウ・チンフォン)、王宏偉(ワン・ホンウェイ)

*上映とおはなし 波多野哲朗(はたのてつろう)
映画『青の稲妻』の演出ノートにはこのように記されている。
大同の街角に立つと、冷たい少年の顔を見る。この灰色の工業都市はグローバリゼーションの到来によってますますセクシーになっている。人々は懸命に快楽を貪るが、そこには淡い火薬のにおいがKTVの歌声とともに闇の中にはっきりと広がっている。この都市にはいたるところに倒産した国営工場が存在するが、そこでは絶望だけが生産されている。わたしは知っている。少年たちがずっと前からもう拳を握りしめていることを。かれらは失業した労働者の子どもたちだ。かれらの心に明日はない。カメラを持ってこの都市とじっと対話を重ねた時、ゆっくりとその狂喜が徹底的な絶望によるものだと分かってくる。そしてわたしはかれらと同じように言いがたく興奮するのだ。分かるだろうか? 暴力がかれらの最後のロマンであることを。
荒々しい映画だ。この映画はまぎれもなく俳優たちによって演じられているのだが、かれらの身体は完全に大都市の喧騒に巻き込まれ、その風景に溶け込んでいる。かれらは一体そこで何を演じているのだろうか? 演じられる人物たちの生きざまにはいかなる一貫性もなく、刹那的であり、反射的であり、ただただ不穏な空気をまき散らしているだけなのだ。しかしこのように不安定に揺れ動く群像を眺めながら、その恐るべきリアリズムに感動し、なるほどかの国の人たちはいまこのようにして生きているのかと、あっさり信じ込ませてしまうような説得力をこの映画は持っている。この映画を作ったとき、作者賈樟柯(ジャ・ジャンクー)は海外の映画祭では注目されつつあったものの、一般的にはほとんど知られていなかった。しかしそれから15年後の今日、彼の名は王兵(ワン・ビン)らとともに、現代中国の代表的な映画監督として名を連ねるようになっている。
最近、東急文化村のル・シネマで、賈樟柯(ジャ・ジャンクー)の最新作『山河ノスタルジア』を観た。なるほど映画は幾分不穏な空気を残してはいるものの、物語の輪郭は明瞭で、映像も美しく、見事に洗練された映画になっていた。だからこそ一流ロードショウ館での公開が可能だったのだろう。一方、15年前の『青の稲妻』は、中国国内ではほとんど上映の機会もなく、海外の映画祭や小規模な組織の支援によってようやく陽の目を見た個人映画だった。だが、あの映画の予断を許さぬスリリングな展開を体験した者にとって、『山河ノスタルジア』はひどく退屈で凡庸な映画に見えた。作家の成長とか円熟とかいう言葉を耳にするが、ほんとにそんなものがあるのだろうか。

●波多野哲朗
 私の映画『サルサとチャンプルー』に登場するキューバ移民の最後の生き残りだった島津三一郎さんが今年の7月に亡くなった。享年108歳。歴史の闇がまた一段と深くなる。
c0211734_17381343.jpg


お問い合わせ くらしアート無名庵(むめいあん)ギャラリー 昼12時から夜7時まで(月曜定休)
電話とファックス 042-649-8441 携帯090-9957-0880 Email cwkkb369@ybb.ne.jp  
[PR]
# by mumeian2009 | 2016-12-27 17:38 | 無名庵シネクラブ上映

12月9日シネクラブ上映会『ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界』

12月9日(金)無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第35弾 映画上映会
『ジンジャーの朝さよなら、わたしの愛した世界』です。お楽しみください。
c0211734_19421774.jpg

推薦の風姫さんからのお知らせフライヤーより

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第35弾
映 画 上 映 会
2016年12月9日(金)午後6時30分から
むめい無名あん庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

「ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界」
原題:GINGER&ROSA
監督:サリー・ポッター
イギリス、デンマーク、カナダ、クロアチア映画/2012年/カラー90分/シネスコサイズ/PG12
製作:クリストファー・シェパード、アンドリュー・リコピン
脚本:サリー・ポッター 撮影:ロビー・ライアン
出演:エル・ファニング、アリス・イングラード、アレッサンドロ・ニヴォラ、クリスティーナ・ヘンドリックスアネット・ベニング、 ティモシー・スポール、オリヴァー・プラット、ジョディ・メイ他
*上映とおはなし KAZEHiME?!(かぜひめ)
私のえらんでみちゃった一本は

冷戦下時代に突入した1960年代のロンドン、思春期に入った2人の少女の揺れ動く心情と、成長する様を繊細に描いた作品です、と紹介文にまとめてある、ってどんなだろう、この中身は・・・レンタルショップで映画を選ぶときには、パッケージの裏のあらすじを読んだりして、大体の見当をつける、ときには当たりだったりするし、ハズレも多い、けれど悔しいと思うこともなく、つまらないものでも、それはそれなりに見方を工夫してなるべく最後まで・・・話のすすむテンポだったり、俳優さんの感じだったり、自分の好みに合うものには、なかなか出会わないのですが、何回か見ているうちに愛着がわいてくるものもあって、不思議だなと思います。上映会がはじまってけっこうと、映画を意識的に見るようになりました、恵みです・・・ずうっと、見ていてもアキナイ、ジンジャーとローザという二人の少女の名前が原題で、こんな時代もあったねと、いつか笑って話せるわ♪と口ずさむと「ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界」というのが、邦題となってました。話はポーンと、とんでしまいます。「極私的エロス恋歌1974」や「全身小説家」が、京王八王子駅前のレンタルショップに普通に並んでます、少年少女たちも、ふと手にとってみちゃうのかなあと想像してみたりしながら、セカイの様相は、もうもう、ドキュメンタリーとドラマとか、フィクションとノンフィクションとか分けることがホント難しく混じるのは当たり前なのかもしれないと呟いたり・・・制作者側の虚実の混合の度合いや、見る方の認知のしかたによって、個々人のリアル感はかなりちがうんだろうと思ったり、それだけパーソナル的には、かなり幅ができちゃったので、何となくですが映画ならばできるかも、少女たちはどこへ行こうとしているのか、そして、どこから出て来たのでしょうと問うても、きっと、ふたりの奥の方は、年とることはない変わらない、海は景色として、どこにいてもあらわれるような気もするから、もしもそうなったときは、いつでもザブ~んと飛び込みザブザブと泳げばいい、to~yo~to~yo~と、呼んでるぜのリフが麦畑に遠くから聞こえて
最後に、●○になってから、彼女は書きます、そこがなんとも、わたしにはキタ
12月の夜のむこうに贈ります

○KAZEHiME?!(かぜひめ)プロフィール
らぶラボは続く・・・同時併行のTIME PACKING PROJECT も少しづつ・・・
c0211734_1950140.jpg


お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
TEL&FAX 042‐649‐8441 携帯090-9957-0880 Email cwkkb369@ybb.ne.jp  
[PR]
# by mumeian2009 | 2016-11-30 19:51 | 無名庵シネクラブ上映

10月14日(金)無名庵シネクラブ第34弾、映画上映会「家族ゲーム」森田芳光監督

しら露も こぼさぬ萩の うねりかな  芭蕉
灌木でありながら、古来、草と感じている萩、可憐で控え目な花、今年も散りこぼれる。
c0211734_17205464.jpg

c0211734_17221814.jpg

10月14日(金)映画上映会午後6時30分から
「家族ゲーム」森田芳光監督 日本映画、1983年、106分
上映とおはなし ラブ・アート・パフさんの推薦映画
推薦フライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第34弾
映 画 上 映 会
10月14日(金)午後6時30分から むめい無名あん庵ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
「家族ゲーム」

監督:森田芳光

日本映画/1983年/カラー106分
第57回キネマ旬報賞日本映画監督賞、脚本賞
1983年キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベストワン
第24回日本映画監督協会新人賞 他
脚本:森田芳光
原作:本間洋平
撮影:前田米造
製作:佐々木志郎、岡田裕、佐々木史朗
配給:ATG
出演:松田優作、伊丹十三、由紀さおり、宮川一朗太、戸川純、阿木燿子 他

*上映とおはなし LoveArtPuff(ラブ・アート・パフ)
「家族ゲーム」というヌードル(お蕎麦)ウエスタンには銃も裸もなく・・・
中三の沼田茂之の高校受験を控え、父の孝助、母の千賀子、兄の慎一たちまでピリピリ。出来のいい兄と違って、茂之は成績も悪く、何人もの家庭教師がすぐに辞めていた。そこへ、三流大学の七年生という吉本が家庭教師としてやってくる。孝助は吉本を車の中に連れて行き、「茂之の成績を上げれば特別金を払おう」と約束する。吉本は勉強ばかりか、喧嘩の仕方も教え、茂之は幼馴染みで同級生の土屋にいつもいじめられていたが、殴り方を習った甲斐があり、やっつける。茂之の成績はどんどん上がり、兄と同じAクラスの西武高校の合格ラインを超えるのだが・・・仕立てはブラックコメディーのホームドラマである。しかし、頭を横に倒して観ると、マカロニウエスタンのソースがシミのように滲んでいる気がしてくる。舞台は工場の間に宅地造成地のような無意味な空間がやたらと広がる人の息遣いを欠いた土地。家族が住むのは、取りとめもなく広がる街並みを見下ろす高層マンション。そこからの眺めは、展望のよさに恵まれる喜びよりも、生活の基盤が“宙に浮いている”という頼りなさを伝える。藤原新也の『東京漂流』(1983年)が頭をよぎる。この荒んだ地にやってくる一人のガンマン、それも運搬船のような船に乗って。ガンマンは家族の主(父)に雇われ、悪童の行ないを正すために来たのだ。ガンマンは早速その武器を使って、悪童に臨む。囁くような低い声での容赦ない詰問、脅し、そしてついには平手打ち。悪童は徐々に矯正されていく。やがて、ガンマンはその目的を達成するが、この組織(家族)の本質的な悪態に腹を立て、全員の撲滅に乗り出すのだった・・・。マカロニウエスタンには不可欠の銃も裸も出てこないが、それでもこの映画は、日本初の「ジャンゴ」(フランコ・ネロ主演「続・荒野の用心棒」)である―棺桶は植物図鑑だが―というのは飛躍し過ぎだろうか?
残念なことに、監督の森田芳光も、主役の松田優作も、脇役の伊丹十三も今はこの世にいない。マニアックに巧みな彼らのガンさばきを楽しみながら、80年代日本式西部劇を楽しんでみてはいかがでしょう?

LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ) プロフィール
1957年北海道生まれ、東京造形大学除籍、主にフォト・インスタレーション製作者
お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
TEL&FAX042-649-8441 携帯090-9957-0880 Emailcwkkb369@ybb.ne.jp 
c0211734_17305399.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2016-10-07 16:55 | 無名庵シネクラブ上映

無名庵シネクラブ映画上映会8月26日「PINA」監督ヴェンダース

8月26日映画上映会
午後6時30分から
「PINA」ドイツ・イギリス・フランス映画
監督ヴェンダース
c0211734_1364482.jpg

次回上映フライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第33弾
映 画 上 映 会
2016年8月26日(金)午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。
『PINA』A film for PINA Bausch by WIM WENDERS
監督:ヴィム・ヴェンダース2011年ドイツ・イギリス・フランス
STAFF 監督・脚本・製作:ヴィム・ヴェンダース  振付:ピナ・バウシュ
CAST  ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団ダンサー

*上映とおはなし 小勝雅夫(おがつまさお)

ロードムービーの雄ヴィム・ヴェンダースと天才舞踊家ピナ・バウシュが
遂に成し遂げた新しいロードムービー

ヴィム・ヴェンダースについてはロードムービーの作家としてすでに名を成しているが、ロードムービー頂点三部作として「都会のアリス」、「まわり道」、「さすらい」の劇映画ばかりでなく、ドキメンタリー作家としても「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」、彼の敬愛する小津安二郎の映画の風景を求めて製作した「東京画」のほか日本人デザイナー山本耀司に関する「都市とモードのビデオノート」がある。「ピナ」は、彼のロードムービーとしての最高の到達点であるとして取りあげても間違いではないであろうと思われる。
彼の語るところでは、長い間彼は自分が舞踊とは全く関係ないものとして、何の知識も関心もなく無縁のものとしてきたという。それがピナに出会ったとき、初めて深い感動を覚えて、すっかり彼女の虜になった。   それは私の考えでは彼が舞踊を理解し関心を持つにいたったということではなく、ピナを理解したということだと思う。五感を通してピナを感じ強く強く魂の揺り動かされるのを感じたのだと思う。小手先の技巧に感覚を刺激されるのではないのである。ヴィムは、ピナの舞踊を撮影することにし、4年間撮り続けたがピナの急逝に絶望しその完成を断念してしまったという。しかしブッパタール舞踊団の団員たちの強い要請により、彼もピナの偉業を映像により相続することを決意したのである。
それは常に新しい身体言語を模索し創作する、究極の身体言語劇とでも仮に呼ぶしかない。その言語は意味と非意味との関係を持続しながらその境界に張りつめた劇的空間を創造していく。ヴィムも常に新しい表現を模索し、映画においても技術の進化が新しい表現を作り上げると信じてきた。そして、ためらわれていたピナの映画も、実は三次元(立体3D)映画技術の実現により大きく背中を押されることになった。三次元映画により、作家としての(観客としての)自分が、踊り手たちと彼の立つ場を対等に共有できると実感したのである。それ故彼はピナの再現には三次元映像以外にはありえないと断言した。この映画の良さは三次元映写機の投影によって初めて感得されるはずであった。しかし私は二次元のスクリーンによっても、その本質は失われないと信じてここに提出するのである。なぜならヴィムとピナとのコラボレ-ションによって作り出す感動の強度は、二次元という制約によってもかなりの程度に伝えられると考えるからである。それは、詩が翻訳によってその良さを減じられるという一般の意見に拘わらず、優れた詩が翻訳という制約をのり越えて、強く我々の心をとらえてきたという、私の詩人としての体験からいうのである。私は詩というものが原語でなければ味わえないとうそぶく知的富裕層=知的俗物にいつも強い批判を抱いてきた。そこには美は教養ある彼等だけが独占し享受できると芸術の私有化を維持し、庶民の参入を排除する選民意識があった。二次元映像によるピナの鑑賞が、あなたの心を強く揺さぶり、それが翻訳であっても、優れた翻訳による外国の詩を読んだ時の体験と同じく、いや、哲学や思想の分野においてもしかり、あなたを新しいあなたに変えるであろう。       まずはこの映画を見て欲しい。あなたはどのように感じるだろうか。

●小勝雅夫(おがつ まさお)
詩人・エセイスト・ 著書に『痴呆のオルゴール』『唖・言葉』『夜間非行』『単彩胞の夢』
『近似値的詩人ウスタゴ』『起承転々多重音声遁走曲』『高原情歌』等

お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
TEL&FAX 042-649-8441 携帯090-9957-0880  Email cwkkb369@ybb.ne.jp  

協力:AIR-空-パフォーミング・アーツ研究会 http://airpai.com
c0211734_145457100.jpg

象潟(きさかた)や雨に西施(せいし)が ねぶの花  芭蕉  
まだ海の中の島だった象潟の合歓の花を詠む、奥の細道。
写真は八王子・浅川の河原に咲く合歓の花
c0211734_14554357.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2016-06-21 13:07 | 無名庵シネクラブ上映

6月10日(金)午後6時30分から「無名庵シネクラブ映画上映会」

6月10日(金)映画上映会午後6時30分から上映。2003年の制作で、第60回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞と新人監督賞を受賞
ロシア映画「父、帰る」です。音信不通だった父親の12年ぶりの帰郷に戸惑う兄弟を描いた映画。
c0211734_23383242.jpg

映画推薦のフライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK !
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第32弾
映 画 上 映 会
2016年6月10日(金)午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。
『父、帰る』(原題: Возвращение、英題: The Return)
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
ロシア映画/2003年制作/カラ―/105分
ロシアでは2003年6月25日に公開。同年9月の第60回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞と新人監督賞を受賞。
[スタッフ]
脚本:ウラジーミル・モイセエンコ アレクサンドル・ノヴォトツキー
製作:ドミトリイ・レスネフスキー/製作総指揮:エレーナ・コワリョワ
音楽:アンドレイ・デルガチョフ/撮影:ミハイル・クリチマン
             [キャスト]
イワン:イワン・ドブロヌラヴォフ/アンドレイ:ウラジーミル・ガーリン
父:コンスタンチン・ラヴロネンコ/母:ナタリヤ・ヴドヴィナ
*上映とおはなし  滝島憲治(たきしまけんじ)
今回、「私の一本」を選ぶにあたって、                                           映画をどのように観たら、楽しむことができるか。映画の見方なんて人それぞれで勝手でいいではないかという人もいるでしょう。私は、いま、ドナルド・リチー著、映画理解学入門『映画のどこをどう読むかー世界の10本の傑作からー』キネマ旬報社刊を読んで、この本の強味、あくまでも映画の画面そのものに密着して語っているところで学びます。「映画が映画であるためには、映画の持つ、他のメディアにはない独特の機能が発揮されていなければならない。」と、映画はストーリーと同じくらい、それをどのように見せるかが大事だと終始力説しています・・・その表現を通して監督は何を訴えようとしているのか、観るほどに厳しくも愛の深さを感じる映画です。見かたによって様々な受け止め方ができる作品です。

 ●滝島憲治(たきしま けんじ) 1947年八王子市生まれ、暮らしの中にアートを!提案するギャラリーをオープン。 木の文化・再生を企画・運営。京町家友の会会員。
お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
TEL&FAX042-649-8441 携帯090-9957-0880  Email cwkkb369@ybb.ne.jp
c0211734_2352387.jpg
 
[PR]
# by mumeian2009 | 2016-05-29 23:17 | 無名庵シネクラブ上映

多文化・環境共生型野外フリーイベントみんなちがって、みんないい5/29

5月29日(日)八王子市庁舎前浅川河川敷広場にて
2016年多文化・環境共生型野外フリーイベント第9回
「みんなちがって、みんないい」河原で不便を楽しもう!入場無料、雨天決行
主催:みんなちがって、みんないい実行委員会
c0211734_1720923.jpg
c0211734_17212592.jpg

草むしり虫も食べてる蛇いちご
c0211734_17332065.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2016-05-27 16:53 | おしらせ