ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

12月9日シネクラブ上映会『ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界』

12月9日(金)無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第35弾 映画上映会
『ジンジャーの朝さよなら、わたしの愛した世界』です。お楽しみください。
c0211734_19421774.jpg

推薦の風姫さんからのお知らせフライヤーより

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第35弾
映 画 上 映 会
2016年12月9日(金)午後6時30分から
むめい無名あん庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

「ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界」
原題:GINGER&ROSA
監督:サリー・ポッター
イギリス、デンマーク、カナダ、クロアチア映画/2012年/カラー90分/シネスコサイズ/PG12
製作:クリストファー・シェパード、アンドリュー・リコピン
脚本:サリー・ポッター 撮影:ロビー・ライアン
出演:エル・ファニング、アリス・イングラード、アレッサンドロ・ニヴォラ、クリスティーナ・ヘンドリックスアネット・ベニング、 ティモシー・スポール、オリヴァー・プラット、ジョディ・メイ他
*上映とおはなし KAZEHiME?!(かぜひめ)
私のえらんでみちゃった一本は

冷戦下時代に突入した1960年代のロンドン、思春期に入った2人の少女の揺れ動く心情と、成長する様を繊細に描いた作品です、と紹介文にまとめてある、ってどんなだろう、この中身は・・・レンタルショップで映画を選ぶときには、パッケージの裏のあらすじを読んだりして、大体の見当をつける、ときには当たりだったりするし、ハズレも多い、けれど悔しいと思うこともなく、つまらないものでも、それはそれなりに見方を工夫してなるべく最後まで・・・話のすすむテンポだったり、俳優さんの感じだったり、自分の好みに合うものには、なかなか出会わないのですが、何回か見ているうちに愛着がわいてくるものもあって、不思議だなと思います。上映会がはじまってけっこうと、映画を意識的に見るようになりました、恵みです・・・ずうっと、見ていてもアキナイ、ジンジャーとローザという二人の少女の名前が原題で、こんな時代もあったねと、いつか笑って話せるわ♪と口ずさむと「ジンジャーの朝 さよなら、わたしの愛した世界」というのが、邦題となってました。話はポーンと、とんでしまいます。「極私的エロス恋歌1974」や「全身小説家」が、京王八王子駅前のレンタルショップに普通に並んでます、少年少女たちも、ふと手にとってみちゃうのかなあと想像してみたりしながら、セカイの様相は、もうもう、ドキュメンタリーとドラマとか、フィクションとノンフィクションとか分けることがホント難しく混じるのは当たり前なのかもしれないと呟いたり・・・制作者側の虚実の混合の度合いや、見る方の認知のしかたによって、個々人のリアル感はかなりちがうんだろうと思ったり、それだけパーソナル的には、かなり幅ができちゃったので、何となくですが映画ならばできるかも、少女たちはどこへ行こうとしているのか、そして、どこから出て来たのでしょうと問うても、きっと、ふたりの奥の方は、年とることはない変わらない、海は景色として、どこにいてもあらわれるような気もするから、もしもそうなったときは、いつでもザブ~んと飛び込みザブザブと泳げばいい、to~yo~to~yo~と、呼んでるぜのリフが麦畑に遠くから聞こえて
最後に、●○になってから、彼女は書きます、そこがなんとも、わたしにはキタ
12月の夜のむこうに贈ります

○KAZEHiME?!(かぜひめ)プロフィール
らぶラボは続く・・・同時併行のTIME PACKING PROJECT も少しづつ・・・
c0211734_1950140.jpg


お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
TEL&FAX 042‐649‐8441 携帯090-9957-0880 Email cwkkb369@ybb.ne.jp  
[PR]
by mumeian2009 | 2016-11-30 19:51 | 無名庵シネクラブ上映
<< 新春は2月10日(金)無名庵シ... 10月14日(金)無名庵シネク... >>