ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

12月8日(金)無名庵映画上映会第41弾タイ映画「光の墓」

自然のうつろいは世界の大きな動きに関係なくやさしく私たちのまわりに季節を運んで来てくれます。
秋鮭を荒縄に吊って、薄塩で仕立てた「新巻」正月には美味しくなるそうです。季節のうつろいを楽しもう!
c0211734_19443797.jpg

2017年11月京都・無名舎にて  
c0211734_1951854.jpg

12月8日(金)無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第41回
タイ映画『光の墓』2015年製作 波多野哲朗(はたのてつろう)氏推薦
お知らせのフライヤーより抜粋・・・ご覧ください。
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第41弾
映 画 上 映 会
2017年12月8日(金) 午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

アピチャッポン・ウイーラセタクン作品
『光りの墓』
原題: รักที่ขอนแก่น/Rak Ti Khon Kaen/Cemetery of Splendour
2015年/タイ映画(タイ、イギリス、フランス、ドイツ、マレーシア映画)/122分

わたしは、もう目を覚ましたいの! ぼくは、まだ眠っていたい!
生者と死者との語らい。時空を超えた対話がはじまる。

*上映とおはなし 波多野哲朗(はたのてつろう)
このところずっと亡霊に憑りつかれているような気がする。私が選んだ映画は、前々回の鈴木清順の『ツイゴイネルワイゼン』にはじまって、前回はタルコフスキーの『鏡』、そして今回はアピチャッポンの『光りの墓』。そして今回上映は取りやめたが、もう一つの候補がじつは押井守の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』 だった。とくに亡霊ということで選んでいるわけでもないのに、結果として亡霊の映画になってしまう。ただ一口に亡霊といってもいろいろである。『惑星ソラリス』『鏡』などのタルコフスキーの映画では、人物たちの追憶と欲動が美しい亡霊を生み出す。ところが押井守の描く未来社会では、人間の身体のみならず記憶までが人工物に置き換えられていて、それでもなお消滅しきらない人間の記憶、人間性の残滓こそが“GHOST”と呼ばれるのである。鈴木清順の映画となると、もはやほとんどの人物が亡霊のように生死の間を彷徨っている。『ツイゴイネルワイゼン』しかり、『陽炎座』でも『オペレッタ狸御殿』でも、登場するのは亡霊ばかり。そしてアピチャッポンの映画では、人物たちが亡霊とともに暮らす。こうなると亡霊に関しては断然東洋の映画に軍配が上がる。むろん西洋には「ホラー映画」の根強い伝統があって、そこには無数の亡霊たちが登場する。ただしかれらはあくまで「ホラー(恐怖)」という枠組の中に在るので、とても一緒に暮らすというわけにはいかない。タルコフスキーはむしろ例外だろう。一般に西洋の亡霊は悪魔の側に属しているので、人間にたいして対立的かつ超越的である。ところがアピチャッポンの『ブンミおじさんの森』のおじさんなどは、19年前に亡くなった妻の亡霊と抱き合ったりするのだから面白い。これは仏教国のよしみなんだろうか。

●監督・脚本のアピチャッポン・ウイーラセタクンについて(Wikipediaなどから)
タイの映画監督・映画プロデューサー・脚本家、美術家。チェンマイを拠点に映画やビデオ映像、写真を制作する。1970年7月16日、タイのバンコクに生まれる。1993年に短編映画『Bullet(原題)』で監督デビュー。1997年、留学先のシカゴ美術館附属美術大学で美術・映画製作の修士号を取得。1999年、映画製作会社キック・ザ・マシーンを設立。2002年、『ブリスフリー・ユアーズ』を第55回カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品、同部門のグランプリを受賞。また第3回東京フィルメックスでも最優秀作品賞を受賞。2004年、『トロピカル・マラディ』が第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、審査員賞を受賞。第5回東京フィルメックスで2作連続となる最優秀作品賞を受賞。また、カイエ・デュ・シネマの2004年の映画トップ10の第1位に選出される。2010年、『ブンミおじさんの森』が第63回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞。2012年、『メコン・ホテル』が初の英語で製作された作品で第65回カンヌ国際映画祭のスペシャル・スクリーニングで上映され、第13回東京フィルメックスでも特別招待作品として上映された。2013年、第24回福岡アジア文化賞芸術・文化賞を受賞。2015年、『光りの墓』(日本公開は2016年)。
c0211734_2021475.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2017-11-27 20:04 | 無名庵シネクラブ上映

11月1日(水)無名庵朗読会。17~21日小町和義の仕事展 24(金)~26日(日)得々市

1日の最低気温が5度以下になると生物は休眠に入る。
秋雨前線が続き、台風がからみ、時代祭(今年は中止)の日、世の中の動きと共に自然の移ろいも確実に来る。
菊が咲き始める・・・こおろぎが鳴きやむ寒露(かんろ)
キク科の多年草の藤袴の花が香りと紅紫色を漂わせている。
うつろへる 草のしげみに 藤袴  憲治
c0211734_19562376.jpg

お知らせ 1
2017年11月1日(水)開場午後1時、開演午後1時30分
c0211734_1619322.jpg

無名庵朗読の午後 朗読:堀越セツ子さん
川端康成「伊豆の踊子」かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込・お問合せは、042-584-0256堀越
写真は2017年3月の朗読会にて
c0211734_19583334.jpg




お知らせ 2

八王子の宮大工小町家と番匠(ばんしょう)-小町和義の仕事展ー
2017年11月17日(金)~11月21日(火)10時~20時(最終日は16時まで)
学園都市センターギャラリーホール(八王子東急スクエアビル11階)入場無料
c0211734_16223467.jpg

c0211734_18533174.jpg

高尾山薬王院は宮大工棟梁小町小三郎が手掛けました。
c0211734_18535579.jpg


11月19日(日)14時~講演
色川大吉氏記念講演「多摩文化」と「ふだん記」発刊の頃
主催:「八王子の宮大工小町家と番匠(ばんしょう)-小町和義の仕事展ー」実行委員会
問合せ:電話042-626-7714(八王子自治研究センター)
c0211734_201159.jpg

数寄屋建築の小町和義氏(91歳)、現役で活躍中!(京都・橋本関雪記念館にて)
江戸期以降の小町家の足跡をたどると、八王子、多摩地域のまちづくりの様子も見えてきます。
歴史家の色川大吉氏の記念講演も必見です。

お知らせ3

11月24日(金)25日(土)26日(日)三日間、掘り出し物・得々市 会場無名庵ギャラリー12時~18時まで
暮らしに うるおいを!古いものたちにもう一度命を吹き込んで、生活の場に活かしましょう・・・


 
c0211734_1919236.jpg

くらしにアート・くらしをたのしく!  無名庵ギャラリーからの提案企画です。気楽にお出掛けください。
[PR]
# by mumeian2009 | 2017-10-23 20:07 | 朗読の会のお知らせ

10月13日(金)午後6時30分から無名庵シネクラブ第40回映画上映会「アンジェラ」

台風18号の影響で大変な日本列島。大きな被害になりませんでしたか?
9月17日は例年、台風の来るのが多い日であるそうです。
「気候」という言葉は、二十四節気の「気」と、七十二侯の「侯」から生まれたそうですが、これからも自然の変化を繊細にとらえた旧暦の世界を大切に、寄り添って暮らして行きます。
野分(のわけ)野の草木を吹き分ける・・・吹き荒れる台風も芭蕉も詠む
 野分して 盥(たらい)に雨を聞く夜かな 芭蕉
c0211734_19351182.jpg


2017年10月13日(金)午後6時30分から
映 画 上 映 会
フランス映画『アンジェラ』監督:リュック・べッソン

推薦者の風姫(かぜひめ)さんのフライヤーより・・・

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第40弾
映 画 上 映 会
2017年10月13日(金)午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

『アンジェラ』 原題:Angel-A
監督:リュック・ベッソン
フランス映画/2005年12月21日公開/2006年5月13日日本公開/90分
製作費€15,000,000

脚本:リュック・ベッソン  製作:リュック・ベッソン
出演:ジャメル・ドゥブーズ、リー・ラスムッセン、ジルベール・メルキ
セルジュ・リアブキン
音楽:アンニャ・ガルバレク 撮影:ティエリー・アルボガスト
編集:フレデリック・トラヴァル 配給:アスミック・エース

*上映とおはなし 風姫 (かぜひめ)

私の(えらんで みちゃった)一本

秋の夜に、モノクロなんていかがでしょう!
そして、パリの街角には、こういうマジックが似合うと本当に思います。

まだ降りてないけど( ^ω^)・・・

「借金の返済期限が48時間後に迫ったのに返すあてのない一人の男。返せなければギャングに殺されてしまうかもしれず、進退窮まった彼はアレクサンドル3世橋に向かい、セーヌ川へ飛び込もうとする。しかしその時、長身で金髪の美女が現れ、その男より先に飛び込んでしまう。」アレレ~~~~~~、ドウシチャッタノ❓

もしかすると、こういうことは誰にでもあるのかもしれませんし、
「生きる意味」をバカンスと断言して憚らないお国で、お国訛りを超え、むしろ十全に活かしながら、リュックの作った世界、前作の『ジャンヌ・ダルク』から6年を経て、製作されたからこそのコレなんです。アクトレスはもちろん、アクター達の魅力が、エッセンスを際立たせます。どうぞ、心の中で、鑑賞後も末永く、楽しんでいただければうれしい限りです。
映画は愉し❓
オクトーバー、牡蠣がおいしい季節がやってきます。生でも加熱してもイケる一品!!!!どうぞ、お召し上がりくださいませ。

○風姫 (かぜひめ) プロフィール
ラボからセッションへと 流れを大事に 泳げるように なってきました
とはいえ 歩くことも 忘れないように したいと思ってま~す
2017年 深まりゆく秋 変化を楽しむ お年頃になっていく
c0211734_19465231.jpg


お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)

携帯090-9957-0880  Email cwkkb369@ybb.ne.jp 

映画をみんなで観る!色々な見かたでさらに楽しくなります。ぜひ、ご観賞ください。
c0211734_2004688.jpg


 
[PR]
# by mumeian2009 | 2017-09-18 18:32 | 無名庵シネクラブ上映

8月25日(金)午後6時30分から映画上映会 「仮面/ペルソナ」イングマール・ベルイマン監督

7月、山百合が咲き始め、ヒオウギも伸びています。
京都の祇園祭には、ヒオウギという植物が必ず飾られる。厄除けのお守りとして飾られる。祇園祭が元々疫病を流行らせている怨霊の怒りを鎮めるために始められたことから、悪霊退散に使われたヒオウギは欠かせないものとなったと考えられる。無名庵も夏のしつらいです。
c0211734_22423523.jpg

祇園祭 町家に生ける 桧扇の花

次回の無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第39弾
「仮面/ペルソナ」スウェ-デン映画/1966年/白黒82分
推薦者:ラブ・アート・パフさん
推薦のフライヤーより
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第39弾
映 画 上 映 会
8月25日(金)午後6時30分から 無名庵ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
「仮面/ペルソナ」
原題:Persona

スウェーデン映画/1966年/白黒82分
製作・監督・脚本:イングマール・ベルイマン
撮影:スヴェン・ニクヴィスト
音楽:ラーショ・ヨハン・ワーレ
出演:ビビ・アンデショーン/リヴ・ウルマン/マルガレータ・クルーク
   グンナール・ビヨルンストランド 他

*上映とおはなし LoveArtPuff(ラブ・アート・パフ)
ああ~いそがしい!このからだがもうひとつあればいいのに~!は、スゴヤバビッチ?
ドッペルゲンガー(独: Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。 自分とそっくりの姿をした分身、 第2の自我、生霊の類。 同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。近年では医学的な説明の試みもあり、それで一応説明可能なものもあるが、説明不能なものもある。
ドッペルゲンガー現象は、古くから神話・伝説・迷信などで語られ、英米圏では「double(ダブル)」、中国では「離魂」、日本では「分身」「影法師」「影の病」「影の煩い」などの名称で呼ばれ、肉体から霊魂が分離・有形化したものとされた。この二重身の出現は、その人物の「死の前兆」と信じられた。ドッペルゲンガーの特徴として、「ドッペルゲンガーの人物は周囲の人間と会話をしない」「本人に関係のある場所に出現する」などがある。~ウィキペディアより~

舞台稽古中に原因不明の失語症を発症した女優エリザベート(リヴ・ウルマン)は、彼女の世話を担当することになった若い看護婦のアルマ(ビビ・アンデショーン)とともに、主治医が所有する海辺の別荘で療養生活を送ることになる。
エリザベートの症状はいっこうに改善を見せないが、献身的に世話を焼いてくれるアルマとの関係は良好だった。やがて二人は患者と看護婦という結びつきを越えた所で親しく接するようになる。二人だけの静かで穏やかな世界。海辺で戯れたり、きのこを採集したり、屈託なく語り続けるアルマの健康的な振る舞いとそれを微笑みながら聞き続けるエリザベート、他人という境界が親しみによって融けていくかのようだった。
ある日アルマは、かつてゆきずりの男たちと浜で戯れ、その結果妊娠した子を堕胎したトラウマを告白する。しかし、このことをエリザベートは主治医への手紙に綴ってしまい、それを見たアルマと仲違いするが、憎しみすら互いの同体感覚をより強固に呼び覚ますのだった・・・・。
5度の結婚をしながらも、そのときの愛人と生涯の愛人を果敢にも起用し、「ペルソナ」と銘打った作品を撮り下ろした巨匠ベルイマンが満を持して!無名庵に!ついに登場!!
オープニング、そして随所に現れる怒濤のモンタージュは、ドッペルというよりニア・デス感覚満載で、映画史に残るスゴヤバビッチのチチンVV!!!

LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ) プロフィール
1957年北海道生まれ、東京造形大学除籍、主にフォト・インスタレーション製作者
どうぞ、お楽しみに!無・無・無・・・どうして無名庵に登場なのでしょうか?
c0211734_23112417.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2017-07-17 22:04 | 無名庵シネクラブ上映

7月7日(金)無名庵朗読の午後第21回朗読:堀越セツ子氏 午後1時30分開演

7月、夏草の茂みの中に、山百合のつぼみは大きくなって来ています。
季節の花を愛で、緑を親しむ・・・庶民のもっとも身近なたのしみです。東京・西の山々に山百合がたくさんありました。八王子の「市の花」は山百合です。明治の時代に横浜から輸出して、ヨーロッパで日本のユリは注目され、「カサブランカ」のユリは日本の山百合が原種です。
c0211734_17413314.jpg


無名庵朗読の午後 第21回 朗読:堀越セツ子氏
7月7日(金)午後1時30分~開演(終了しました)次回予定11月1日か2日です。
堀越氏からご連絡ありましたら、お知らせします。
c0211734_1071726.jpg

井上ひさし「唐来参和(とうらいさんな)」かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込み・お問合わせは042-584-0256堀越
初夏のひととき、朗読をどうぞ!
c0211734_1083362.jpg

c0211734_2332422.jpg

2017年3月の朗読会より
[PR]
# by mumeian2009 | 2017-07-01 17:12 | 朗読の会のお知らせ

6月9日(金)映画上映会『ル・アーブルの靴磨き』

新緑に鳥のさえずり、雄が雌に求愛でしょうか?縄張りを仲間に知らせているのでしょうか。
ウェーブ上のツイッターの「つぶやき」でなく、本物の囀りに耳を傾けています。
さえずりや二羽いるらしき枝移り 秋桜子
無名庵 手の届く枝 雛かえす・・・
c0211734_1819734.jpg

無名庵シネマ上映会がはじまります。6月9日午後6時30分より
c0211734_1016893.jpg

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第38弾 映画上映会2017年6月9日(金)午後6時30分から
『ル・アーブルの靴磨き』を上映です。
推薦の小勝雅夫(おがつまさお)氏のフライヤーよリ
映 画 上 映 会
2017年6月9日(金)午後6時30分から
『ル・アーブルの靴磨き』
原題Le Havre
監督・脚本・製作 アキ・クラウスマキ
2011年フィンランド・フランス・ドイツ映画
製作会社
スプートニク
ピラミッド・プロダクション
パンドラ・フィルム
日本公開2012年4月28日
93分
キャスト
マルセル・マルクス - アンドレ・ウィルム
アルレッティ - カティ・オウティネン
モネ警視 - ジャン=ピエール・ダルッサン
イドリッサ - ブロンダン・ミゲル
チャング - クォック=デュン・グエン
ジャン=ピエール - フランソワ・モニエ
リトル・ボブ - ロベルト・ピアッツァ
ベッカー医師 - ピエール・エテックス
密告者 - ジャン=ピエール・レオ
受賞
カンヌ国際映画祭ではFIPRESCI賞を受賞した。他に同映画祭でエキュメリック賞の時点に選ばれ、さらに犬のライカがパルムドック賞の審査員特別賞を獲得したこの映画は製作されてからさほど日がたっていない。
今回推薦する人 小勝雅夫
いくつかの重なる理由から今回はこの映画を取り上げることにしました。極めて今日的な難民問題を背景に、出演者も異なる人種から選ばれている映画です。靴磨きの主人公は初老のフランス人、その妻はフィンランド人、難民の少年はアフリカ系の黒人、仲間の靴磨きはベトナム人という構成で、しかも彼らを抑圧する立場の警視は、法の適用に人間的配慮をするというヒューマニズムにあふれた作品です。かつては雑文を書いていくらかの原稿料をえていたという作家のなれのはての靴磨きが、ある日移民であった女性に救われるということが作中語られますが、このような暖かい触れ合いによって一人の難民少年を摘発から匿い、ついにその母のいるロンドンへと送り出すのです。舞台は「おフランス」のパリとは全くかけ離れたル・アーブル港の下町、どこか日本の古い街に似た懐かしい裏通りで、フランス男が難民に救われるという逆転の発想の中で展開する人間愛、夫婦愛が、その淡々とした物語の中で描かれるのです。アキ・カウリスマキの映画に共通するカメラワークが、レンズの多用に陥ることなく、淡々と進行していくことは、われわれの敬愛する日本の監督に似ています。

むめいあん無名庵ギャラリーにて ギャラリーは午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

*上映とおはなし 小勝雅夫
●詩人、エセイスト 詩集に唖・言葉、夜間飛行、単彩胞の夢、近似的詩人ウスタゴ、多重音声遁走曲等、なお7月に詩集『高原情歌』近刊予定

c0211734_18292360.jpg

c0211734_18334126.jpg

実験映画上映会楽しみました。水由章氏・太田曜氏・滝島・波多野哲朗氏と一緒に
c0211734_17531429.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2017-05-15 17:22 | 無名庵シネクラブ上映