ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

カテゴリ:次回のお知らせ( 10 )

無名庵のお知らせ  9/15(土)美術ワークショップ 9/25(火)朗読会 10/12(金)映画上映会

東京の西40㌔、八王子。、海からも40キロ離れた山沿いの内陸部である。
そのうえ、周囲を山地や丘陵によって囲まれた盆地で、さらに特異な気象が現れる。暖まりやすく冷えやすい内陸性気候となっている。
昭和42年に八王子第四中学校の観測所が気象庁の正式な「委託観測所」の指定を受けたのである。生徒たちの努力と先生のたゆまぬ指導の結晶であり、かけがえのない貴重な資料が八王子の公式データとして使われるようになりました。いまは、気象庁へ自動送信する新しい観測システムです。
c0211734_21121310.jpg

しら露もこぼさぬ萩のうねりかな  芭蕉
c0211734_21123799.jpg
c0211734_21131782.jpg
c0211734_21133734.jpg

枝振りの日前にかはる芙蓉かな   芭蕉
c0211734_21135887.jpg

今日は「白露」(はくろ)。
富士山に初雪になる平年日だそうである。なるほど、今、庭に咲く白芙蓉の花は富士の雪の形と見立てると言う。富士山の美称ー芙蓉峰(ふようほう)は自然が教えてくれる くらしアートである。
<おしらせ1>
9月15日(土)毎月第3土曜日14時から17時まで
アートワークショップ「和の家で美術部はじめています。」
百石企画主催創作することを共有できる「よろず美術部」です。
先月の自慢Tシャツつくり盛況でした。身近なアートも続けよう!
お申込み・お問い合わせは百石企画へ
電話・FAX042-628-0402/ホームページhttp://momoishi.com
<おしらせ2>
9月25日(火) 午後1時30分開演(午後1時開場)
第6回無名庵 朗読の午後 朗読 堀越セツ子さん
かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込み・お問い合わせは電話 042-584-0256堀越さんまで
日本人は自然の中に遊びたいという志向が強い・・・
そうした自然へのあこがれを満たすものは、今回の朗読の作品にヒントがあるか?
楽しみである。
c0211734_2116445.jpg

c0211734_21213329.jpg

<おしらせ3>
10月12日(金)午後6時30分から
映画上映会
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第11弾
「サルサとチャンプルー Cuba/Okinawa」
日本映画(ドキュメンタリー)2007年/100分
企画・制作・監督;波多野哲朗(はたのてつろう)
監督本人出演の特別 上映とトークです。
当日は多数の観客が見込まれますので、今回は予約で受付します。お早めにお申し込みください。
お申込み・お問い合わせは電話090-9957-0880滝島、
又はE‐mail cwkkb369@ybb.ne.jp
c0211734_21341053.jpg

10月12日の映画上映会のフライヤーより 抜粋
『サルサとチャンプルー Cuba/Okinawa』
日本映画(ドキュメンタリー) / 2007年 / 100分 
企画・製作・監督:波多野哲朗  構成:鈴木敏明
撮影:山口卓司、二瓶剛、佐々木竜真、岩澤裕基、石田仁美
音楽:KACHIMBA1551  編集:山崎豊  編集助手:ヤングポール、近藤千恵 
ナレーション:津野まさい、波多野哲朗
通訳:ルイス・カトウ  翻訳:稀代統、森本真菜美、下島美紗、エクトル・シエラ
予告編その他:http://www.cuba-okinawa.com

*上映とおはなし  波多野哲朗(はたのてつろう)
私の一本、『サルサとチャンプルー』・・・
と言いましても今回は、これまでのように映像研究者としての私がみなさんに観賞をお勧めする「一本」ではなくて、映像制作者としての私にとっての「一本」です。私は日ごろ芸術あるいは映像の理論研究を生業としながらも、ときに実験映画や記録映画を作ってきました。それらのほとんどはごく個人的なもので、多数の観客に公開したことはありませんでした。しかしこの『サルサとチャンプルー』は、日本各地の映画館、サークル、大学のイヴェントなどで、また海外の小規模な集りなどでも公開した唯一の「私の一本」です。映画の上映に先立って、作り手である私が語るべきことは何もありません。みなさんのご意見・ご感想をお聞きしたいと願っています。
●フィルム・レビュー
*100歳になる唯一の(移民)一世、島津三一郎さんはキューバの老人ホームで、日本へのあふれる思いを語る。日本語がわからない周囲の人たちに日本語で話しかけ、日本の歌を歌う姿が印象的だ。――「朝日新聞」2007年8月4日
*二つの土地と文化の間を行き来しながら、力強く異国の地で生きる日系人を追った異色のドキュメンタリーだ。――「毎日新聞」2008年5月22日
*重層的で重いテーマを抱えながら、登場する人たちの表情は明るく、カチンバ1551のサルサはエネルギッシュに画面に流れる。――「沖縄タイムス」2007年9月28日
*「日本人」とは何なのか。語り手はわれわれ観る者を抜け難いアンビバレンスに陥れながら、その答えを委ねる… ――「日本映画学会会報」2008年4月号
*この映画は長い糸を手繰るような不思議な面白さに満ちている。――「キネマ旬報」2008年5月下旬号
波多野哲朗(はたのてつろう) 映像研究者・映像作家
今年は映像作家を休業して、研究に専念しています。しかし断念したはずの映画の亡霊がときどき現れては、研究に集中しようとする心をかき乱すのです。

もう一度、ご予約のために
当日は多数の観客が見込まれますので、予約で受付します。お早めにお申し込みください。
お申込み・お問い合わせは電話090-9957-0880滝島、
又はE‐mail cwkkb369@ybb.ne.jp
無名庵シネクラブ主催/エアーー空―パフォーミング・アーツ研究会協力 
c0211734_22205975.jpg

こんな所に咲いている・・・雨が振っていたが恵みの雨でした。 2012,9,7 
[PR]
by mumeian2009 | 2012-09-07 22:54 | 次回のお知らせ

無名庵次回朗読の会。6月16日(土)13時30分からです。

<第4回朗読の午後>堀越セツ子氏の朗読に、多数ご参加いただきありがとうございました。
いかがでしたか。
あの朗読は、映画化された「桜の森の満開の下」篠田正浩監督、ヒロイン岩下志麻を
堀越氏がみたのがきっかけだそうです。
衣かずきを頭からかぶり、外出する姫。山の峠に差し掛かると山賊が・・・
私は映画「羅生門」などを重ねたイメージしています。
堀越氏は小説を「伝えること」を楽しみ、自信を持って表現される息遣いが見えます。
楽しませていただきました。
c0211734_20535758.jpg

春のブーケ。フキノトウ
c0211734_20551835.jpg

次回は6月16日(土曜日)13時30分からです。お楽しみに!

なお、「桜の森の満開の下」の75年映画が上映。
東京・池袋の新文芸坐(池袋駅、℡03・3971・9422)
日本映画のヒロイン岩下志麻 3月30日(金)~4月10日(火)まで
代表作23作品を日替わりの2本立てで上映。
c0211734_2059025.jpg

新文芸坐のブログより
4月1日(日)に、「桜の森の満開の下」が10:30/14:25/18:20上映。参考まで
 
[PR]
by mumeian2009 | 2012-03-25 21:18 | 次回のお知らせ

無名庵で朗読を楽しむ!堀越セツ子第4回無名庵朗読の午後。3月16日(金)午後1時~

c0211734_17382143.jpg


c0211734_1116287.jpg

3月16日(金)無名庵ギャラリーにて
堀越セツ子氏による第4回「無名庵朗読の午後」を開きます。
かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込み・お問合わせ042-584-0256 堀越氏まで

東日本大震災の地域はまだまだ厳しい季節ですが・・・
うるう年の2月29日、東京・八王子は大雪。
東京の雪は、
太平洋上からもたらされているのか?
湿った牡丹雪である。雪の花が咲く。

まだ、桜のつぼみは固いのですが、朗読は桜がテーマ。
坂口安吾の「桜の森の満開の下」です!

日々の会話のように、そしてきれいな敬語で朗読がはじまる・・・
さらに{話し}口調で・・・
聞き手に「伝えたい」という気持ちが見えてくる
ことばのちからのアートです。
c0211734_23101567.jpg

うるう年の2月29日、東京・八王子は大雪。
c0211734_2311595.jpg
c0211734_23114641.jpg
c0211734_23122910.jpg
c0211734_2313019.jpg
c0211734_2314142.jpg


3月3日桃の節句。休みなく働いている女性たちにとって、うれしい一日でありますように!
たのしくあそぶ・・・人形をみんな集めて飾ってみませんか?「おはよう!おやすみなさい!」を人形に呼びかける
c0211734_12385457.jpg
c0211734_23305982.jpg
c0211734_2332515.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2012-03-02 23:41 | 次回のお知らせ

年末・年始のお知らせ 12月28日(水)~1月9日(月)までお休み。

年末・年始のお知らせ 12月28日(水)~1月9日(月)までお休みさせていただきます。
東日本大震災・原発事故。今年は、考えられない大きな災害。被災された方や命を亡くされた方々の冥福を祈り、寒さの中、さらに無事を祈りながら新しい年を迎えたいと思います。
今年の除夜の鐘・・・
八王子「時の鐘」。上野町念仏院境内 元禄12年(1699)に時の鐘として鋳造され、310余年の間八王子15宿の人々に時を告げ、親しまれている鐘に鎮魂と無事の願いをこめて聞く。
大晦日、今年は落語家立川談志がなくなり残念ですが、十八番の落語「芝浜」の夫婦の除夜の鐘の時の会話が心に残る・・・夢にもいろいろある。
除夜の鐘、言い残したが言い始め、ただめでたさにひかされて、愚痴の口舌(くぜつ)も二年越し
と、小唄を歌いながら、一杯。へっ、へへへへ おお、しかし
c0211734_21421283.jpg
c0211734_21422915.jpg
c0211734_21424090.jpg

<お知らせ>

2月10日(金)午後6時30分~
無名庵シネクラブ映画上映会 ヴィスコンティ監督の「夏の嵐」
(映画のお問い合わせは090-9957-0880滝島まで)

3月16日(金)13時30から朗読の会 
朗読:堀越せつ子氏
(朗読のお問い合わせは042-584-0256堀越まで)

他の日の無名庵は貸しギャラリーや貸しスペースで予約・決定があります。
お問い合わせください。
(お問い合わせは090-9957-0880滝島まで)
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-27 21:56 | 次回のお知らせ

9月15日(木)午後1時開場、午後1時30分開演           「朗読の会」朗読、堀越

ことばを磨こう!
日本語の表記の漢字仮名交じり文は表記に関して、間違いなく世界でもトップクラスの難しさだろうということである。
一つの文章の中に、漢字、平仮名、片仮名、アルファベット、数字、符号が混在させて使われている・・・見やすさもあるが、
さて、朗読では、どのように聞かせていただけるのか、生の朗読のチャンスで、
話し言葉の美しさを楽しみにしている。

重陽(ちょうよう)の日、9月9日。
季節の変わり目、節目に厄をはらう、
菊の花を飾って邪気をはらい、長寿を願うという。
ちょうど菊のテーマ 「菊日和」の作品です。

  津村節子「菊日和」  朗読 堀越
9月15日(木)午後1時開場、午後1時30分開場
くらしアート無名庵ギャラリー1階にて(JR八王子駅南口徒歩5分)
かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
c0211734_20514932.jpg

c0211734_20595056.jpg

お申込み・お問合わせ:042-584-0256堀越まで
[PR]
by mumeian2009 | 2011-09-09 21:04 | 次回のお知らせ

毎日楽しめる〈オリジナルТシャツをつくろう!〉8月7日(日) 

8月7日(日)アイデア満載の百石企画が 夏のワークショップ開催
思いのままに・・・
ご自慢Tシャツをつくろう!!
2011 8/7(日)Aチーム:13~16時/Bチーム:18~21時
会場:くらしアート無名庵ギャラリー
参加費:おとな2000円・中学生以下1000円
要予約(各回定員10名とさせていただきます。)
お問い合わせ・申し込み先7月31日まで
c0211734_2052615.jpg
c0211734_2064059.jpg
c0211734_20725100.jpg
c0211734_2010463.jpg
百石企画:momoishikikaku@gmail.com
     FAX042-628-0402
c0211734_2050812.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-07-30 18:18 | 次回のお知らせ

くらしアート32 無名庵シネクラブ、2/18(金)午後6時30分から映画上映会


c0211734_1284115.jpg
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第2弾 
映 画 上 映 会
2月18日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、約1時間のみんなでお話タイムとなります。午後9時ごろ終了。
監督:パトリス・ルコント「髪結いの亭主」
フランス映画/1990年/1時間20分
*上映とおはなし 滝島憲治(たきしまけんじ)
私の一本、「髪結いの亭主」
私が映画ビデオを初めて買ったその1本である、官能的で美しい。
1991年に、ルイ・デリュック賞受賞。フランスの恋愛映画で心に残る映画の一本である。
「髪結いの亭主」は、同監督の日本で初公開された作品で、観客を熱狂させた。
当時、なぜか、フランスではあまりよくは評価されず、外国で紹介されてから話題になった映画と聞く。物語は・・・子供の頃から髪結いの奥さんをもらうことだけを夢見ていたアントワーヌ(ジャン・ロシュフォ―ル)は、人から中年と言われる年齢に至って、まさに夢にまで見た理髪師のマチルド(アンナ・ガリエナ)にめぐり逢う・・・
男と女の甘く、せつない愛の物語を見事に描き出し、心の動きまでカメラはゆっくりとらえ明るく官能的で、きれいな映画である。そして、異国情緒をかもしだす音楽も加わり、ミステリアスな映画である。(滝島憲治)

TAKISHIMA Kenji プロフィール;
1947年八王子市生まれ、八王子市在住、会社を退職後、暮らしの中にアートを提案するギャラリーをオープン。木の文化・再生を企画・運営。京町家友の会会員。
お問い合わせ                        
無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時(月曜定休) 
TEL&FAX042-649-8441 携帯090-9957-0880 Email cwkkb369@ybb.ne.jp 
c0211734_1151516.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-02-04 11:01 | 次回のお知らせ

無名庵で割り箸文字 講座開設!説明会2010年6月11日(金)午後1時から3時、説明会は参加無料。

書くことがたのしくなる・・・
わりばし文字講座 開設 主催、実用細字研究会 大橋氏
電話042-645-3026
c0211734_1518185.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2010-06-04 14:59 | 次回のお知らせ

12月1日(火)から12月13日(日)までカレンダー原画展開催

大きな原画、迫力あります。ご覧下さい。
c0211734_12522820.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2009-11-29 12:18 | 次回のお知らせ

まいにちにっこりカレンダー原画展

次の企画展のおしらせです。

まいにちにっこりカレンダー2010原画展
    by アトリエ・ポレポレ

12月1日(火)〜12月13日(日)  12:00〜19:00
*12月7日(月)はお休み
c0211734_2382080.jpg


アトリエ・ポレポレのメンバー10名の作品。
どうぞ、ごゆっくりごらんください。
座って観たり、寝ころんで観たりしてもいいのです。
暮らしのなかのアート。
「無名庵」の提案です。
c0211734_2318939.jpg

c0211734_231951100.jpg


アトリエ・ポレポレについては、ブログ 「ポレポレのひみつ」
http://ameblo.jp/ableart/
をごらんください。
[PR]
by mumeian2009 | 2009-11-26 23:37 | 次回のお知らせ