ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第5弾上映、  感激!次回は12月9日(金)です。

無名庵シネクラブ映画上映会に、お出掛けいただき
ありがとうございました。お礼申し上げます。
次回もどうぞ、お楽しみに!
10月14日(金)の無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第5弾
風姫さん推薦「イル・ポスティーノ」の映画上映はたのしかったです。
楽しむ力を広げてくれる・・・映画でした。

自分のためにも、みんなのためにも、どんな仕方で仕事をするか・・・と、
一人の郵便配達夫を通した生き方を考える。
映画は 見てすぐわかる事か?
トップシーンが素晴らしい!
小さな島、断崖、波、船、港、風景の中に溶け込む日々の暮らし。
絵画や旅の写真などでも 私は見たことがない。きれいな景色だ。
自然が厳しい労働をやわらげ、生活を支えているのだろうか?
豊かさとは・・・生きる中で楽しむ力を気付かせてくれる。
詩人との出会い。詩の印象を強くしたり、たとえの「比喩」の場面、
まさに、くらしの中に
c0211734_21595043.jpg
根付く郵便配達夫の「言葉」に共感する。

寒くなってもこの無名庵シネクラブの映画上映を見に来たいのか?
郵便配達夫の代わりに手紙を届けに来てくれたのか・・・庭にシジミチョウ来る
次回予告!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第6弾は
12月9日(金)午後6時30分から
西ドイツ=フランス合作映画『パリ、テキサス』1984年制作、上映時間146分
です。お楽しみに!
<映画>をスクリーンに映写して大勢の観客がいっぺんに見られる装置を考案したのは
リュミエール兄弟であったそうです。
今、DVDで一人一人で見られますが、みんなで大きな画面を見る、上映会楽しみませんか!
c0211734_2142784.jpg

次回予告ノ映画上映会のお知らせフライヤーをご覧ください

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第6弾 
映 画 上 映 会
12月9日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
『パリ、テキサス』Paris,Texas
西ドイツ=フランス合作映画/1984年製作/上映時間146分
1984年カンヌ映画祭グランプリのほか、同年の多くの国際映画祭で受賞
*上映とおはなし 波多野哲朗(はたのてつろう)
[スタッフ] 
監督:ヴィム・ヴェンダース 脚本:サム・シェパード
撮影:ロビー・ミュラー 音楽:ライ・クーダー

[キャスト]
トラヴィス:ハリー・ディーン・スタントン ジェーン:ナスターシャ・キンスキー
ハンター:ハンター・カーソン ウオルト:ディーン・ストックウエル
アンナ:オーロール・クレマン

私の一本、パリ、テキサス  Paris,Texas
ヴィム・ヴェンダースと言えばいまや世界の認める大監督ですが、多くの人が慣れ親しんでいるような物語映画を作ってきたわけではありません。「ロードムービー」という言葉がありますが、これはヴェンダースの初期作品によって広められた言葉でした。それらの映画では、いつも主人公たちがはっきりした目的もないままに旅を続けていて、映画にはこれといった物語や主題がありません。1981年、ヴェンダースの才能に着目したフランシス・コッポラは、彼をハリウッドに招いて一緒に映画を作ろうとするのですが、ヴェンダースはストーリー中心のハリウッドの映画作りに我慢できず、ついにけんか別れをしてヨーロッパに帰ってしまいます。『パリ、テキサス』もまた一種のロードムービーですが、ヴェンダース映画の中では比較的物語の輪郭がはっきりした作品ですが、主題のほうは依然としてはっきりしません。ところで私たちは、映画について語り合うとき、たいていは映画の物語や主題について語りはじめ、それによって映画の「本質」に迫ろうとします。では、ヴェンダースの映画のように、そもそも物語や主題のあいまいな映画についてはどうすればいいのでしょう。今回で「私の一本」シリーズが一巡しました。これからは映画の背後にあるもの(=本質)ではなく、映画の表面(=現象)、つまり映画そのものについてより注目していきたいと思います。

波多野哲朗(はたのてつろう) 映像研究者・映像作家
相変わらず境界領域に魅せられています。9月にはキルギスに出かけ、「アラ・カチュー」ついて取材し、多くの女性たちから話を聞きました。アラ・カチューとは誘拐婚のことで、キルギスの田舎では、いまだに結婚のほぼ4割が誘拐婚なのです。
お問い合わせ*無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時(月曜定休) 
TEL&FAX 042-649-8441 携帯090-9957-0880 e-mail cwkkb369@ybb.ne.jp 
[PR]
by mumeian2009 | 2011-10-25 22:02 | 無名庵シネクラブ上映

「私の一本!」うれしさがこみあげてくる…推薦者「風姫」さんは言う!楽しみの映画上映会

2011年10月14日(金)午後6時30分からイタリア映画
「イル・ポスティーノ」1994年/108分を上映します。
人が表現をはじめると、こんなにも世界が変化していくのか・・・
なんだかうれしくなる。と、
楽しみやはげましを与えてくれる映画だそうです。まだ、ご鑑賞できます。
どうぞ!
c0211734_214467.jpg
c0211734_2154498.jpg

先日、無名庵シネクラブの一人が、キルギスの旅から帰国されました。
いただいたお土産にびっくり!西洋と東洋を結ぶシルクロードが・・・
文様がいろいろの国でも似ている。自然の中にある草木や蔓、海藻なども連想する。
日本の密教の法具、独鈷(どっこ)を×にした模様に見える。
独鈷は、帯、博多献上帯に文様が残る。
鮮やかな色も、丁度、今、紅葉の柿の葉を目にしている・・・・日々の暮らしの中に
世界のアートが見えてくる。
さて、心と心を結ぶもの、手紙。郵便配達人さんは映画でなにを気付かせててくれるのか?
10月14日(金)午後6時30分から上映。
c0211734_2221836.jpg
c0211734_223284.jpg
c0211734_223533.jpg
c0211734_2271424.jpg
c0211734_2273576.jpg
c0211734_15251058.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-10-11 22:16 | 無名庵シネクラブ上映