ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末・年始のお知らせ 12月28日(水)~1月9日(月)までお休み。

年末・年始のお知らせ 12月28日(水)~1月9日(月)までお休みさせていただきます。
東日本大震災・原発事故。今年は、考えられない大きな災害。被災された方や命を亡くされた方々の冥福を祈り、寒さの中、さらに無事を祈りながら新しい年を迎えたいと思います。
今年の除夜の鐘・・・
八王子「時の鐘」。上野町念仏院境内 元禄12年(1699)に時の鐘として鋳造され、310余年の間八王子15宿の人々に時を告げ、親しまれている鐘に鎮魂と無事の願いをこめて聞く。
大晦日、今年は落語家立川談志がなくなり残念ですが、十八番の落語「芝浜」の夫婦の除夜の鐘の時の会話が心に残る・・・夢にもいろいろある。
除夜の鐘、言い残したが言い始め、ただめでたさにひかされて、愚痴の口舌(くぜつ)も二年越し
と、小唄を歌いながら、一杯。へっ、へへへへ おお、しかし
c0211734_21421283.jpg
c0211734_21422915.jpg
c0211734_21424090.jpg

<お知らせ>

2月10日(金)午後6時30分~
無名庵シネクラブ映画上映会 ヴィスコンティ監督の「夏の嵐」
(映画のお問い合わせは090-9957-0880滝島まで)

3月16日(金)13時30から朗読の会 
朗読:堀越せつ子氏
(朗読のお問い合わせは042-584-0256堀越まで)

他の日の無名庵は貸しギャラリーや貸しスペースで予約・決定があります。
お問い合わせください。
(お問い合わせは090-9957-0880滝島まで)
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-27 21:56 | 次回のお知らせ

12月21日(水)~25日(日)ふとっちょソックス  いろいろなアートあるね!楽しく終了。

c0211734_1743065.jpg
26日。朝、手水鉢の水が薄氷。午前11時室内気温6度、外10度。
「日向ぼっこ」の言葉をわすれていました。暖房のないところでの太陽の暖かさです。
日が直接あたると気温は25度になります。暖かい。
湿度が26%です。乾燥しているのですね。植木に少し水をやる。
雲がポカーンと出て、消える・・・
おーい雲よ、どこへ行く・・・山村暮鳥の詩は冬の情景か?
カラスが2羽、とんび?を追いかける。カラスの子が近くにいるのか。
生きてる、生きてる。

c0211734_1655619.jpg
c0211734_16561987.jpg
c0211734_16564061.jpg

ふとっちょソックスの感想は、後日話します。
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-26 17:08 | おしらせ

12月21日(水)~25日(日)11:00~20:00   ふとっちょソックス  いちょうホールにて

c0211734_14281054.jpg
c0211734_13464837.jpg


23日15:00~16:00まで
パフォーマンスリレー面白そうです・・・・みんなが集まれば、さらに即興が輝く!
ぜひ、どうぞ!入場無料です。
開場の雰囲気をご覧ください。
c0211734_1351765.jpg

c0211734_13495884.jpg

c0211734_13475876.jpg
c0211734_13484763.jpg

c0211734_13502477.jpg

c0211734_13493633.jpg

c0211734_13505135.jpg

c0211734_13523255.jpg
c0211734_13535684.jpg

c0211734_14104989.jpg

c0211734_14224996.jpg
c0211734_1428451.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-23 14:29 | おしらせ

12月21日(水)~25日(日)11:00~20:00    ふとっちょソックス  いちょうホールにて

12月21日(水)~25日(日)11:00~20:00
(12月25日は17:00まで)
ふとっちょソックスvol.8
八王子市芸術文化会館 いちょうホール第2展示室 入場無料
障がいの有無、国籍、年齢などを問わず、だれもが参加できる「表現の場」・・・つづけて今年で8年目です。
絵画、造形作品、写真、インスタレーション、パフォーマンスなどさまざまな表現方式による作品展示と発表を行います。どうぞ たのしみにいらしてください。くらしアート無名庵も参加します。
12月23日(金・祭)15:00~16:00までパフォーマンスリレーは必見です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ご案内チラシより
『ふとっちょソックス』は、今年1年の感謝の気持ちを込めてAIR P.A.I.がクリスマスの時期に開催しているグループ展です。
絵画、造形作品、写真、インスタレーション、パフォーマンスなどさまざまな表現方法を盛り込んだ、ギフトをイメージした作品展示を行い、ここに集う参加者や地域の皆さんとゆるやかなエネルギー交感の場としたいと思います。
招待部門では、毎年、障がいのある人の魅力あふれる作品を展示しています。
c0211734_17555847.jpg
[展示]: 2011年12月21日(水)〜12月25日(日) 
時間 11:00〜20:00(最終日17:00まで)

[イベント]:2011年12月23日(金・祝)パフォーマンスリレー  
  テーマ「天窓をあけて、いっしょに空をみよう。」
  15:00〜16:00(会場:作品が展示されたギャラリー内で無料で行う。)
  交流を兼ねたパーティー 17:00〜19:00

[会場]:いちょうホール 2F 第2展示室

[入場料]  入場無料
作品の部(絵画、造形、写真、インスタレーションなど)10名程度
障がいのある作家の招待
パフォーマンスの部 10名程度(一人10分以内)

c0211734_17502953.jpg
* 全員参加のオブジェ(インスタレーション)「ゆるやかなつながり」が楽しいよ!
パフォーマンスリレー・・・12月23日 いち に に さんで会いましょう!
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-18 17:59 | おしらせ

12月9日シネクラブ上映会『パリ、テキサス」ご参加ありがとうございました。次回は2月10日(金)です。

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズをスタートして、1年。2巡目の第1回、
波多野哲朗氏推薦「私の一本」、映画「パリ、テキサス」手に汗を握り、からだを乗り出して見る。
感動!ガラスの建物・高速道路・自動車産業・西部劇を意識した?・・・まさにアメリカ映画だ!
ヴェンダース監督の「ロードムービー」と言う映画作りは心に残る。見る側の創造や思いを見事に撃ち抜く演出。又、人間とは何か・・・トラヴィスの役を通して涙が出る。
映画の始祖・・リュミエールに感謝!映画はみんなで見る、たのしいね!
c0211734_197584.jpg

次回予告!
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第7弾 
映 画 上 映 会
2月10日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
『夏 の 嵐』
イタリア映画/1954年/126分
*上映とおはなし 滝島憲治(たきしまけんじ)
監督・原案・脚本:ルキノ・ヴィスコンティ
脚本:スーゾ・チェッキ・ダミーコ、カルロ・アリアネッロ、ジョルジョ・バッサーニ、
ジョルジョ・プロスペーリ
音楽:アントン・ブルックナー「交響曲第7番」(指揮:フランコ・フェッラーラ)
ジョゼッペ・ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」
撮影:G・R・アルド、ロバート・クラスカー
[キャスト]
リヴィア・セルビエーリ伯爵夫人:アリダ・ヴァッリ
フランツ・マーラー中尉:ファーリー・グレンジャー
ロベルト・ウッソーニ侯爵:マッシモ・ジロッティ
セルビエーリ伯爵:ハインツ・モーグ
私の一本、『夏の嵐』
巨匠ヴィスコンティ監督が手がけた『夏の嵐』を選ぶ。
「私の一本」を迷い 選ぶとき、映画が輝くのはなぜなのか・・・それを考えさせ、気付かせてくれるシネクラブ上映会は、うれしい!
イタリアを代表する、あの『第三の男』ヒロイン 女優アリダ・ヴァッリが、『夏の嵐』では伯爵夫人という大役を見事にこなし、ヴィスコンティ監督によってさらに魅力を引き出されている。
彼女は、ほとんどメーキャップなしでやってのけたそうだ。目だけの動きでこんなに心の葛藤が見えるのか?この女優の熱演と監督の映画作りで「私の一本」を選んだ。
物語は十九世紀末を舞台として、貴族階級の栄華と没落を余すところなく描いている。
オペラの歌劇場、絵画や額が室内装飾となる館、夜のヴェニスの水路など独特な雰囲気の撮影とテクニカラーの光は、まさにアートである。
アートの視点からヴィスコンティの映画作りをさらに注目して見てみたい・・・


滝島憲治 プロフィール;
1947年八王子市生まれ、暮らしの中にアートを!提案するギャラリーをオープン。
木の文化・再生を企画・運営。京町家友の会会員。


協力:AIR-空-パフォーミング・アーツ研究会

お問い合わせ                       
無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時(月曜定休) 
TEL&FAX 042-649-8441 携帯090-9957-0880 e-mail cwkkb369@ybb.ne.jp 
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-17 19:11 | 無名庵シネクラブ上映

12月15日(木)第3回無名庵 朗読の午後・・・ 朗読、堀越セツ子氏

12月10日満月の真夜中。天上の夜空、赤胴色の月が皆既月食に入る。
月に地球の影だ!
冬の星。美男の狩人 オリオン座がすぐ南に見え、三つ星は控えめに見える!
<おしらせ>
12月15日(木)午後1時開場、午後1時30分開演
朗読の会があります。
堀越セツ子氏による「第3回無名庵朗読の午後」
奥田英朗{家へおいでよ」短編集「家日和」より
かいひ700円(珈琲・お菓子付き)です。
お申込み・お問合わせ:042-584-0256堀越
c0211734_8143674.jpg

皆既月食前の22時56分、携帯カメラでピンホールのような月。
c0211734_8173187.jpg
c0211734_8181138.jpg

朗読・・・何度も黙読されているのでしょう。
テレビやラジオより小説の内容の理解度が抜群・・木のガラス戸や畳や土壁、そして小鳥たちのさえずりが助けてくれるのか?
声の高さ・・・明るさ・・・速さ・・・アクセント・・・リズム・・・
そして、何といっても堀越氏の発音の明瞭な朗読である。
ぜひ、素敵な生の「朗読」をお楽しみください!
c0211734_15195882.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-11 08:56 | おしらせ

12月9日(金)映画上映会ヴェンダースという監督の生き方は・・・何か目覚めてしまうそうです。

12月9日(金)無名庵シネクラブ映画上映会「パリ、テキサス」

c0211734_2214544.jpg


「私の一本」を推薦する波多野哲朗氏はフライヤーで
ヴェンダースの映画のように、そもそも物語や主題のあいまいな映画についてはどうすればいいのでしょう。今回で「私の一本」シリーズが一巡しました。これからは映画の背後にあるもの(=本質)ではなく、映画の表面(=現象)、つまり映画そのものについてより注目していきたいと思います。
という。
映画と物語の関係。その歩みをヴェンダースは何を考えて歩んでいるのか?見逃せない映画だ!
・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第6弾 
映 画 上 映 会
12月9日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
c0211734_2243169.jpg


『パリ、テキサス』Paris,Texas
西ドイツ=フランス合作映画/1984年製作/上映時間146分
1984年カンヌ映画祭グランプリのほか、同年の多くの国際映画祭で受賞
*上映とおはなし 波多野哲朗(はたのてつろう)
[スタッフ] 
監督:ヴィム・ヴェンダース 脚本:サム・シェパード
撮影:ロビー・ミュラー 音楽:ライ・クーダー

[キャスト]
トラヴィス:ハリー・ディーン・スタントン ジェーン:ナスターシャ・キンスキー
ハンター:ハンター・カーソン ウオルト:ディーン・ストックウエル
アンナ:オーロール・クレマン
私の一本、パリ、テキサス  Paris,Texas
ヴィム・ヴェンダースと言えばいまや世界の認める大監督ですが、多くの人が慣れ親しんでいるような物語映画を作ってきたわけではありません。「ロードムービー」という言葉がありますが、これはヴェンダースの初期作品によって広められた言葉でした。それらの映画では、いつも主人公たちがはっきりした目的もないままに旅を続けていて、映画にはこれといった物語や主題がありません。1981年、ヴェンダースの才能に着目したフランシス・コッポラは、彼をハリウッドに招いて一緒に映画を作ろうとするのですが、ヴェンダースはストーリー中心のハリウッドの映画作りに我慢できず、ついにけんか別れをしてヨーロッパに帰ってしまいます。『パリ、テキサス』もまた一種のロードムービーですが、ヴェンダース映画の中では比較的物語の輪郭がはっきりした作品ですが、主題のほうは依然としてはっきりしません。ところで私たちは、映画について語り合うとき、たいていは映画の物語や主題について語りはじめ、それによって映画の「本質」に迫ろうとします。では、ヴェンダースの映画のように、そもそも物語や主題のあいまいな映画についてはどうすればいいのでしょう。今回で「私の一本」シリーズが一巡しました。これからは映画の背後にあるもの(=本質)ではなく、映画の表面(=現象)、つまり映画そのものについてより注目していきたいと思います。

波多野哲朗(はたのてつろう) 映像研究者・映像作家
相変わらず境界領域に魅せられています。9月にはキルギスに出かけ、「アラ・カチュー」ついて取材し、多くの女性たちから話を聞きました。アラ・カチューとは誘拐婚のことで、キルギスの田舎では、いまだに結婚のほぼ4割が誘拐婚なのです。
お問い合わせ*無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時(月曜定休) 
TEL&FAX 042-649-8441 携帯090-9957-0880 e-mail cwkkb369@ybb.ne.jp 
[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-05 22:15 | 無名庵シネクラブ上映

12月2日から11日まで「暮らし家」で生活骨董冬の感謝セール開催です。

日常を楽しく過ごせるもの達を見つけてみませんか「暮らし家」生活骨董、冬の感謝市開催中
c0211734_13435076.jpg
c0211734_1344492.jpg
c0211734_13481496.jpg
c0211734_13483570.jpg
c0211734_13485259.jpg

12月2日(金)~11日(日)まで12:00から19:00まで、5日、6日は期間中休み
場所は京王線長沼駅徒歩7分 駐車場あり
楽しい発見できます! 是非、この機会にお立ち寄りくださいませ
℡042-635-1540東京都は八王子市長沼町1230
c0211734_16325488.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-03 13:58 | おしらせ

今日は映画の日です。12月9日無名庵シネクラブ映画上映会にどうぞ!

c0211734_2025759.jpg
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第6弾 
映 画 上 映 会
12月9日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
『パリ、テキサス』Paris,Texas
西ドイツ=フランス合作映画/1984年製作/上映時間146分
1984年カンヌ映画祭グランプリのほか、同年の多くの国際映画祭で受賞
*上映とおはなし 波多野哲朗(はたのてつろう)
c0211734_20212365.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2011-12-01 20:25 | 無名庵シネクラブ上映