ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

無名庵シネクラブ上映。次回4月13日(金)午後6時30分からフランス映画「かくも長き不在」です。

東日本大震災から1年。昨年は4月上映を6月に順延した事を思い出します。
震災と向き合う!震災前、震災後・・・大きな節目に
なにをしたのか?、何をしなかったのか?安心して生きる生き方とは・・・
豊かさとは・・・何か わすれてはいないか?

震災をわすれない!心をつなげる! と、いろいろ思い出して考える毎日です。

映画上映という場でどのような事がができるだろうか・・・
みんなで一緒になって、 同じ鑑賞、同じ喜びや悲しみを共有する・・・
そんな上映の場ですが 映画の本来の楽しみを続けています。

大きなスクリーンでどうぞ、鑑賞してください。

     次回 <映画上映会>
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第8弾
「かくも長き不在」フランス映画1961年制作98分
上映とおはなし小勝雅夫(おかつまさお)
2012年4月13日(金)午後6時30分から 
会場は午後6時オープンです。
資料代300円(お茶・お菓子付き)
c0211734_22252764.jpg
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
フライヤーより
          「かくも長き不在」

1961年制作フランス映画 同年カンヌ国際映画祭パルム・ドール賞受賞       
キャスト
アリダ・ヴァリ・・・・・・・・テレーズ
 ジョルジュ・ウイルソン・・・・浮浪者
      シャルル・ブラヴェット・・・・フェルナンド
      ジャック・アルダン・・・・・・ピエール

監督    アンリ・コルビ
脚本    マルグリット・デュラス  ジェラール・ジャルロ
音楽    ジョルジュ・ドルリュー
撮影    マルセル・ウエイス
公開    1961年5月17日(フランス)
      1964年8月14日(日本)
上映時間  98分
製作国   フランス イタリア
言語    フランス語

16年前に戦争で夫を失ったテレーズは、セーヌ河岸に近いパリ郊外で、
喫茶「古い教会のカフェ」の女主人。ある日彼女は店の前を夫アルベー
ルにそっくりな男が通るのを見つけた。
彼女は彼が夫であるかもしれないと・・物語はそこから始まる・・・
彼は記憶を喪失した浮浪者――ホームレスだったのだ。
 
戦前、土方殺すにゃ刃物はいらぬ 雨の十日も降ればよい という都々逸
様の民謡が唄われたことがある。教養のない私はこの映画のことを思う
時、このような卑俗な唄を思い出す。そうして戦争を表現するのに必ずし
も爆弾はいらないと思う。この映画も戦争にかかわる映画で、いわば戦争
が生み出した悲劇を描いているが、何万という人員、何百何千という機械
を繰り出して、トン単位で火薬を燃やす大スペクタクルとは全く縁がない。
ハリウッドにも通ずる大巨匠の黒沢監督の作品よりも、小津監督の映画の
ように地味で淡々として進んでいく物語、日本映画を思う時小津と黒沢を
並べてしまう私の貧しさをあえてさらしていえば、ヌーボーロマンの重鎮
マルグリット・デュラスの脚本と相まって、色彩のけばけばしさもなく、
ショッキングなシーンもない黒白のこの映画が好きだ。ちょっと、能の世
界に通ずるのかなとも思う。来日したサルトルが能を見て、ギリシャ悲劇
と対比して絶賛したのを覚えているが、本当の悲劇というものはどんなも
のかと考えさせてくれる。16年の年月は戦争を忘れさせる。そこではも
う、あの兵器という暴力的な機械は隠れている。
新しい詩集で私は戦争を「強姦機械」の跋扈として描いたが、一見平和に
見える社会も隠れた大きな「強姦装置」に抑圧されている。ただ落合恵子
さんの言うように、「忘れさせる装置」に操作されているだけだ。テレーズ
は目覚める。しかし彼女の覚醒はそこに見えない暴力装置の前で阻まれ
てしまう。今、私たちの前にも大きな強姦機械が立ちはだかる。原子力に
よる暴力装置だ。それはついに暴発し、不可視の毒を垂れながしまき散ら
しているが、一年たった今、それらはあたかも人力によって馴致されたか
のように見え、関係者はやっきに事態の鎮静化を喧伝している。しかし、
この事態は計り知れない結果を世界に強要し続けている。半減期何万年
という不可視の放射性物質が、とめどなく私たちを抑圧している。ここに
テレーズの世界と同じ世界を見るとき、この映画をみることの意義もあるだ
ろう。

c0211734_2339664.jpg
c0211734_23401073.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2012-03-25 23:41 | 無名庵シネクラブ上映

無名庵次回朗読の会。6月16日(土)13時30分からです。

<第4回朗読の午後>堀越セツ子氏の朗読に、多数ご参加いただきありがとうございました。
いかがでしたか。
あの朗読は、映画化された「桜の森の満開の下」篠田正浩監督、ヒロイン岩下志麻を
堀越氏がみたのがきっかけだそうです。
衣かずきを頭からかぶり、外出する姫。山の峠に差し掛かると山賊が・・・
私は映画「羅生門」などを重ねたイメージしています。
堀越氏は小説を「伝えること」を楽しみ、自信を持って表現される息遣いが見えます。
楽しませていただきました。
c0211734_20535758.jpg

春のブーケ。フキノトウ
c0211734_20551835.jpg

次回は6月16日(土曜日)13時30分からです。お楽しみに!

なお、「桜の森の満開の下」の75年映画が上映。
東京・池袋の新文芸坐(池袋駅、℡03・3971・9422)
日本映画のヒロイン岩下志麻 3月30日(金)~4月10日(火)まで
代表作23作品を日替わりの2本立てで上映。
c0211734_2059025.jpg

新文芸坐のブログより
4月1日(日)に、「桜の森の満開の下」が10:30/14:25/18:20上映。参考まで
 
[PR]
by mumeian2009 | 2012-03-25 21:18 | 次回のお知らせ

無名庵で朗読を楽しむ!堀越セツ子第4回無名庵朗読の午後。3月16日(金)午後1時~

c0211734_17382143.jpg


c0211734_1116287.jpg

3月16日(金)無名庵ギャラリーにて
堀越セツ子氏による第4回「無名庵朗読の午後」を開きます。
かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込み・お問合わせ042-584-0256 堀越氏まで

東日本大震災の地域はまだまだ厳しい季節ですが・・・
うるう年の2月29日、東京・八王子は大雪。
東京の雪は、
太平洋上からもたらされているのか?
湿った牡丹雪である。雪の花が咲く。

まだ、桜のつぼみは固いのですが、朗読は桜がテーマ。
坂口安吾の「桜の森の満開の下」です!

日々の会話のように、そしてきれいな敬語で朗読がはじまる・・・
さらに{話し}口調で・・・
聞き手に「伝えたい」という気持ちが見えてくる
ことばのちからのアートです。
c0211734_23101567.jpg

うるう年の2月29日、東京・八王子は大雪。
c0211734_2311595.jpg
c0211734_23114641.jpg
c0211734_23122910.jpg
c0211734_2313019.jpg
c0211734_2314142.jpg


3月3日桃の節句。休みなく働いている女性たちにとって、うれしい一日でありますように!
たのしくあそぶ・・・人形をみんな集めて飾ってみませんか?「おはよう!おやすみなさい!」を人形に呼びかける
c0211734_12385457.jpg
c0211734_23305982.jpg
c0211734_2332515.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2012-03-02 23:41 | 次回のお知らせ