ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

8月30日(金)午後6時30分~無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第16弾映画上映会(終了)

職人監督マキノ正博の映画。スカットしました。次回第17回映画上映会は10月11日(金)午後6時30分開演です。お楽しみに!
90年カンヌ国際映画祭主演女優賞受賞、ポーランド映画「尋問」です。
8月30日(金)無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ(終了)
映画上映会『日本侠客伝 血斗神田祭り』
日本映画/東映京都1966年/カラー95分を上映です。
無名庵・夏向きのたたみ会場で上映。スクリーンから飛び出してきそうです。
さぁー、お楽しみに!
c0211734_21503114.jpg

c0211734_2284382.jpg

弱い者が苦しんでいることを知りながら黙って見のがすことのできない・・・
任侠ものです。キセルと煙草盆で気分を・・・

暑さが厳しい毎日・・・夏の祭。
c0211734_1831353.jpg
c0211734_1832429.jpg
無病息災・無事を祈る!
今回の「私の一本」シリーズ推薦者、波多野哲朗氏のフライヤーより・・・

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第16弾 
映 画 上 映 会
8月30日(金)午後6時30分から 無名(むめい)庵(あん)ギャラリー
午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)
映画上映後、みんなでお話タイムとなります。

『日本侠客伝 血斗神田祭り』
日本映画/東映京都1966年/カラー 95分

監督:マキノ正博 脚本:笠原和夫 撮影:わし尾元也 美術:川島泰三
出演:高倉健、鶴田浩二、藤純子、大木実、藤山寛美、長門裕之、里見浩太郎、山本驎一小林勝彦、天津敏、遠藤辰雄
*上映とおはなし 波多野哲朗(はたの てつろう)
私の一本、・・・日本侠客伝 血斗神田祭り

過去15回の無名庵シネクラブの上映ラインナップを振り返ってみると、ほとんどが外国映画であることに気付きます。太田曜さんや私のような作者立会いの上映会を除けば、ここには日本映画が1本も見当たりません。またアメリカ映画ではあっても、ハリウッドのプログラム・ピクチャーは登場しません。どちらかというと、“芸術的な映画”か“ちょっと難解な映画”が主流になっているのでしょうか。「私の1本」となると、どうしてもこうなるのでしょう。でもいずれにせよこのままでは、このシネクラブが「作家主義」路線を走っていると見なされても抗弁する余地はいまのところありません。 そこで…というわけでは必ずしもないのですが、次回は日本映画を上映することにしました。しかも小津、黒沢、溝口といった世界的巨匠の映画ではなく、まさにプログラム・ピクチャーの渦中を生き続けたマキノ正博の映画を選ぶことにしました。いや「選ぶ」というよりは「拾う」と言うほうが適切かもしれません。マキノ正博は1908年(明治41年)に生まれ、1992年
に没しましたが、その生涯を通じて261本の映画を監督しました。弱冠18歳で監督になり、20歳にして名作『浪人街 第一話 美しき獲物』で注目され、以来戦前戦後を通じてかずかずのシリーズ映画を手掛けてきました。戦後には「次郎長三国志」シリーズ、「日本侠客伝」シリーズ、「明治残任伝」シリーズなどの人気シリーズを手掛けて数多くのスターを生み出すのですが、しかしいったんその路線が軌道に乗ると、あとは後進の監督たちに道を譲ってしまうのです。ここにはいわゆる「作家像」など浮かび上がりようもありません。みずからの姿を透明にして、ひたすら映画そのものを輝かせた監督マキノ正博(→雅弘→雅裕→雅広)。この焦点を絞らせない監督の軌跡の片鱗をここに拾いあげてみたいと思います。繰り返しますが「選ぶ」のではなく「拾う」のです。だから、どの映画でもよかったのですが、あえて昨今は世の非難を浴びがちなヤクザ映画(昨今はマイルドに任侠映画と呼ぶ)の1本を上映し、できれば作者/作家/作品の関係について考えてみたいと思います。

波多野哲朗(はたのてつろう)
この春から学生たちを相手に、ジル・ドウルーズの『シネマ1*運動イメージ』『シネマ2*時間イメージ』の講読を開始。映画とはなんと身体的かつ有機的なものかと改めて思う。
お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休) 
TEL&FAX042-649-8441 携帯090-9957-0880 Email cwkkb369@ybb.ne.jp 
c0211734_1843831.jpg

無名庵のガラスにとまる黒蝶。上映を見に来たか? 自然のステンドグラス!
[PR]
by mumeian2009 | 2013-08-08 18:52 | 無名庵シネクラブ上映