ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

無名庵シネマクラブ第22回映画上映会10月10日(金)午後6時30分~開催

10月10日(金)の無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第22弾は日本映画、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズの第1作目「男はつらいよ」を上映します。
前回の波多野哲朗さん推薦の「ツィゴイネルワイゼン」映画では爛漫に散る桜の情景などきれいな映像でした。桜に生と死の無常感、虚無感がこめられているのでしょうか・・・鈴木清順監督の美意識を楽しませていただきました。
次回上映「男はつらいよ」の映画では、なつかしい風景がたくさん出てきます。、畳の部屋のスクリーンで観る「寅さん」映画はいかがでしょうか?ぜひ、ご鑑賞ください。
c0211734_23371917.jpg

次回「私の一本」シリーズ第22回映画上映会のフライヤーより

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第22弾 
映 画 上 映 会
2014年10月10日(金)午後6時30分から
無名(むめい)庵(あん)ギャラリー午後6時オープン。資料代 300円(お茶・お菓子サービスあり)映画上映後、みんなでお話タイムとなります。
「男はつらいよ」
原作・監督:山田洋次
日本映画/1969年/カラ―91分
脚本:山田洋次、森崎 東 撮影:高羽哲夫 美術:梅田千代夫 音楽:山本直純 
出演:渥美 清、倍賞千恵子、光本幸子、笠 智衆、志村 喬、森川 信、三崎千恵子、前田 吟、中村はやと、太田久雄、佐藤蛾次郎、津坂 匡章、関 敬六、
*上映とおはなし  滝島憲治(たきしまけんじ)
私の一本・・・ 「男はつらいよ」
この夏、山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズ未開封の全48巻ビデオセットに出会ってしまって、無名庵の宝になりました。毎日、第1作から観ています。「寅さん」の映画は、喜劇ですが、人情味あふれていて、繰り返し見ていきたい映画ではないかと気付きました。
そこで、今回の「私の一本」の推薦は、
山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズ 第1作目「男はつらいよ」を推薦します。
第1作は何回見てもおもしろく、寅さんはどう相手の気持ちになってやれるか、その人の立場に立ってものを考えてあげられるか、その人の幸せのために自分はどうすればいいのかと真剣に考える・・・寅さんのやさしさが見えてきます。第1作は1969年(昭和44年)8月27日上映。シリーズ最終作第48作は1995年(平成7年)12月23日上映。26年間続けて渥美 清さんが亡くなられてシリーズ映画は終わっています。
山田洋次監督が俳優の渥美 清さんを「話の上手な人で、詩人だなあと思いましたね。描写の仕方がイマジネーション豊かで、聞き手に情景をありありと思い浮かべさせるのです。」と、語っておられます。「男はつらいよ」という映画をつくる具体的なきっかけとなったのは、渥美 清さんの少年時代の過ごし方のイメージが「寅さん」という映画の原型になっているそうです。一生懸命働いている人たちが、ときどき疲れて一息つきたいとき、いやなことが続いていても、映画でも観て気を晴らしたいなと思う時に、精一杯の楽しい演技を見せてくれて、その観客をワァ-ッと大笑いして、観客は少し元気が出て、また明日から頑張って生きていこうと思う、そういう役割をはたす映画だと思います。観客は、寅さんに会いたくて映画館に通ったという話もわかります。なつかしい映画です。故郷や子供の頃の思い出の景色が、変わらないということも、人間にとって大切なことのように思います。その景色と会話し、たくさんの喜びや悲しみを、その景色にフィード・バックさせながら膨らませていくことができる葛飾柴又の「とらや」です。もう、寅さんのような故郷をもっている人々はなかなかいませんが、上映会場の無名庵に、いつでも「寅さん」や「さくら」に会いに来てください。とらやのおだんごはありませんが珈琲を飲みながら映画をたのしむ場にできれば幸いです。
滝島憲治(たきしま けんじ)
1947 年八王子市生まれ、暮らしの中にアートを!提案するギャラリーをオープン。
木の文化・再生を企画・運営。京町家友の会会員。
お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
c0211734_23503991.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2014-09-29 20:50 | 無名庵シネクラブ上映

10月6日(月)無名庵朗読の午後(朗読:堀越セツ子氏)開演1時30分から

葛の葉がひるがえる、甘い蜜のような香りで、まだ花が咲く。
萩 さわやかな秋風うけて花こぼれ
10月6日(月)第13回無名庵朗読の午後 朗読:堀越セツ子さん
「森瑶子(もりようこ) イヤリング」の朗読です。
開場午後1時、開演1時30分~ かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
 お申込み・お問合せは 042-584-0256堀越
午後のひととき、朗読を聞きながら、野の花と四季のうつろいを楽しんでください。
c0211734_1929165.jpg

c0211734_19295994.jpg

c0211734_1931635.jpg


お知らせ 映画と美術
*無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第22回上映会は10月10日(金)午後6時30分からです。映画は山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズの第1作目「男はつらいよ」を上映します。
次回のフライヤーは、無名庵シネクラブ掲示板で掲載します。

*「万美術部」は毎月第3土曜日開催です。来年のカレンダーを作っています。次回もカレンダー制作します。好評の楽しめるカレンダーです。次回10月18日(土)参加出来ます。毎日が楽しめるカレンダーを作りましょう。初めての方もどうぞ!
お申込み・お問合せは百石企画(ももいしきかく)電話:090-9680-0561
c0211734_20404523.jpg

c0211734_2051460.jpg

2015年のカレンダー制作中(9月万美術部風景)
[PR]
by mumeian2009 | 2014-09-24 10:40 | 朗読の会のお知らせ