ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

12月11日(金)無名庵シネクラブ第29弾映画上映会「散歩する惑星」

11月、雨が降るたびに寒さを感じる。「眠るときにもう1枚身に着けるのにネルの1枚です??」
草の実の 色をうつして 雨の糸  無名
c0211734_20565020.jpg

c0211734_1855595.jpg

12月、鳥ねぐら いちょう落ち葉を みて休む・・・憲治


無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第29弾
映画上映会はラブ・アート・パフさん推薦の
スウェーデン・フランス映画「散歩する惑星」監督ロイ・アンダーソンです。
お楽しみに!
次回予告のフライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第29弾
映 画 上 映 会
2015年 12月11日(金)午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

「散歩する惑星」

原題 ”Sanger fran andra vaningen"を直訳すると「二階からの歌(曲)」
監督:ロイ・アンダーソン
スウェーデン・フランス映画/2000年/カラー98分
第53回 カンヌ国際映画祭 審査員特別賞受賞
脚本:ロイ・アンダーソン 製作:フィリップ・ボベール 音楽:ベニー・アンダーソン
出演:ラース・ノルド、シュテファン・ラーソン、ルチオ・ヴチーナ、ハッセ・ソーデルホルム 他
*上映とおはなし LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ)
私が拉致された大気晩臭型微香星の一本、「散歩する惑星」・・・
「眠るとき身に着けるのはシャネルNo.5を5滴だけ」と言ったのはマリリン・モンローだったと思うが、「散歩する惑星」を散歩する時は加齢臭とホルマリンの滴(しずく)がまとわりついてくる。シャネルNo.5を生み出す重要なファクターであった成分がアルデヒドであること、加齢臭の原因の一つであるノネナールがアルデヒド類であり、ホルマリンはホルムアルデヒド水溶液であることを考えると、マリリンがこの映画に出会っていたら、「死ぬとき横たわるベッドは散歩する惑星」と言ったかもしれない。
日焼けマシンに入りながら部下に大規模解雇の命令を下す会社経営者。勤続30年、無遅刻無欠勤の真面目社員が突然解雇され必死に取りすがる。訪問先で人物を捜す男はビルの前で、通りすがりの男性たちに因縁をつけられ、いわれなき暴行を加えられる。マジシャンは人体切断に失敗してしまい、お腹を切断され飛び出した腸を抱えた男は介護なしでは生活できない。人生に絶望した男は自分の店に放火してしまう。心優しい運転手は客の愚痴を聞きすぎて心を病んでいる。目隠しされた子どもは、厳粛な儀式と共に穴につきおとされる。酒場は人生に諦念した老人たちばかり。ここから脱出しようとする人で道路は渋滞するし、空港は荷物を抱えた人が山積みの荷物を積んだカートを必死に押している。世紀末の世の中の不安をネタにキリストの磔の像を売り歩く男。そして、なぜかみんなの顔は白塗りで・・・とある惑星の、とある街で次々と起こる不条理な仕打ち、出来事。穏やかに暮らしたい気持ちと裏腹に、思うようにならない人生を嘆き、しがみつき、諦め、袋小路で立ち往生している人たちがいる。死にそうで死んでない、死んでも死んでない人たちの微香が鼻をコチョコチョくすぐる。
構想20年、撮影4年、1シーン1カット、オールセット撮影、俳優たちはみんな素人で、はっきりとした脚本がないため資金が集められず、やむを得ずコマーシャルの仕事を始めると、カンヌ国際広告祭で8度もグランプリに輝いてしまったロイ・アンダーソン監督。本作は彼の「生きるための3部作」の記念すべき第1作である。

☆LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ) プロフィール
1957年北海道生まれ、東京造形大学除籍、主にフォト・インスタレーション製作者

お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
携帯090-9957-0880  
協力:AIR-空-パフォーミング・アーツ研究会 http://airpai.com

c0211734_2181100.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2015-11-02 21:04 | 無名庵シネクラブ上映