ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

無名庵シネクラブ第31回 4/8(金)6時30分上映。「鏡」タルコフスキー監督

c0211734_19424610.jpg

映画上映会は終了しました。
タルコフスキーが好きな日向寺太郎監督も飛び入り参加で、お話タイムは盛り上がりました。
次回は6月10日(金)午後6時30分からです。お楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3月下旬、戦国時代の山城「八王子城跡」を歩く・・・
日本の100名城にも選ばれた名城で、東京では皇居と八王子城跡のみ。
北条氏の関東における重要拠点として北条氏照が築いた八王子城。八王子の名の由来となった八王子神社もあり、横に連なる山並み(横山)の先、関東平野の眺めを楽しむ。
万葉集の時代から、先人に愛され、心のふるさととされてきた「多摩の横山」
「赤駒を山野に放し捕りかにて 多摩の横山徒歩ゆか遣らむ」律令時代、東国の男たちは防人として警備に行かなければならなかった。再び故郷の地を踏めることはほとんどなかったという。
c0211734_21303585.jpg
c0211734_21311079.jpg

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第31弾
4月8日(金)午後6時30分から上映
ソヴィエト映画「鏡」アンドレイ・タルコフスキー監督です。
映画上映会のフライヤーの推薦をご覧ください。
映 画 上 映 会
2014年4月8日(金)午後6時30分から
無名(むめい)庵(あん)ギャラリーにて ギャラリーは午後6時オープンとなります。
資料代300円(お茶・お菓子サービスあり)上映後、みんなでお話タイムを過ごします。
「鏡」原題 ЗЕРКАЛО
監督:アンドレイ・タルコフスキー
ソヴィエト映画/1975年/モスフィルム製作/35ミリ・スタンダード/カラー/102分 
ダヴィド・ドナテッロ賞受賞(イタリアで最も優れた外国映画に与えられる賞)
[スタッフ] 脚本:アレクサンドル・ミシャーリン、アンドレイ・タルコフスキー  撮影:ゲオルギー・レルベルグ  音楽:エドウアルド・アルテミエフ  挿入詩:アンドレイ・タルコフスキー
[キャスト] 母マリア/妻ナタリア:マルガリータ・テレホワ  父:オレーグ・ヤンコフスキー  少年時代の作者(アレクセイ)/現代の作者の息子イグナート:イグナート・ダニルツェフ  幼年時代の作者:フィリップ・ヤンコフスキー  医者:アナトーリー・ソロニーツィン  挿入詩朗読:アンドレイ・タルコフスキー  ナレーション:イノケンティ・スモクトゥノフスキー
*上映とおはなし  波多野哲朗(はたのてつろう)
 この映画は、ロシア映画ではなくソヴィエト映画です。タルコフスキーはこの映画の4年後に『ストーカー』(1979)という映画を1本作ってから国を去り、二度と故国に戻ることはありませんでした。1985年にゴルバチョフはソ連邦書記長に就任すると、ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)政策の流れのなかでタルコフスキーをなんとか呼び戻そうとしたのですが、叶いませんでした。その後タルコフスキーは西ヨーロッパで『ノスタルジア』『サクリファイス』などの名作を残しますが、1986年にフランスで客死。享年54歳でした。この『鏡』という映画は、かならずしもタルコフスキーの代表作というわけではないのですが、他の映画がいずれも2時間を超える大長編ばかりなので、この一本をシネクラブ上映のために選びました。とは言え、『鏡』は世間ではタルコフスキーの自伝と呼ばれている映画です。またこの映画には、彼のすべての映画に共通する方法論がはっきりと表れています。ただこれをたんなる自伝と見なすのは、いささか短絡的な観かたかもしれません。なぜならタルコフスキーにとって、現在とはつねに記憶であり、重層化され、圧縮され、溶解しつつある記憶の総体であるからです。そこでは作者自身の個人的な記憶にとどまらず、世界の記憶、ロシアの記憶、政治の記憶、家の記憶、父の記憶、母の記憶、息子の記憶、男と女の記憶、言葉と言葉ならざるものとの記憶…などが、あたかも合わせ鏡のように互いが互いを映し合いながら、溶け合っているのです。
波多野哲朗(はたのてつろう) 
40年勤めた日大芸術学部を去ることになり、1月30日に「最終講義」なるものをやってみました。その日の夜のパーティで、空腹のままワインを飲んだら一瞬立ちくらみがして、無理やり日大病院の夜間救急窓口に連行されてしまいました。お粗末!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0211734_2259518.jpg

c0211734_17243512.jpg

「すみれ」が咲きました。
「波多野様。お疲れさまでした。これからも、いろいろな映画の見方をぜひ、お聞かせ下さい。」無名庵滝島
  では、みなさま映画上映会をお楽しみに!
[PR]
# by mumeian2009 | 2016-04-01 16:56 | 無名庵シネクラブ上映

「無名庵朗読の午後」2月24日(水)開場午後1時、開演午後1時30分 堀越セツ子さん朗読

「春眠不覚暁 処々聞啼鳥」
春の夜や明け方の心地よい眠りで、暁になってもなかなか目が覚めないでしょうか・・・
2月24日の無名庵朗読の会では、山田詠美短編集風味絶佳より「春眠」の朗読です。ぜひ、お聞きください。
終了しました。
2月24日(水)無名庵朗読の午後 第17回 朗読:堀越セツ子さん
山田詠美短編集風味絶佳より「春眠」 かいひ700円(珈琲・お菓子付き)
お申込み・お問合せは 042-584-0256堀越さんまで
c0211734_1343176.jpg

c0211734_14321710.jpg

c0211734_14331036.jpg


垣根の下に咲く、そのすがた・・・一休禅師が詠んだ歌を思い出し、水仙を活ける。

雪白六弁の花、黄金色のずいを有し、少し花首を前にかがめていながら凛として剣のような緑葉に囲まれたすがた。そして、「その匂い桃より白し水仙花」芭蕉の名句。この花の姿を写している。
無名庵にて
c0211734_16455737.jpg

c0211734_175720.jpg

c0211734_1774666.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2016-02-21 12:49 | 朗読の会のお知らせ

2月19日(金)午後6時30分から無名庵シネクラブ第30回映画上映会「ジェリーフィッシュ」

節分
節分や 肩すぼめゆく 通り客 「鬼は外福は内」「鬼は外福は内」・・・

豆を投げながら垣根の向こうに通りあわせた人の顔が思い浮かぶ。
c0211734_22363581.jpg
c0211734_2237190.jpg

朝、6時には、そらは桔梗色にオレンジの朝焼けになってきました。2016,2,17
c0211734_1717353.jpg


無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第30弾
映画上映会
2007年カンヌ国際映画祭 カメラドール受賞

「ジェリーフィッシュ」原題 Meduzot
エトガ―・ケレット、シ―ラ・ゲフェン監督
イスラエル・フランス映画/2007年/カラー82分
2016年2月19日(金)午後6時30分から
上映とお話タイムあり
推薦者KAZEHIME(かぜひめ)さんの推薦フライヤーをご覧ください。
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第30弾
映 画 上 映 会
2016年 2月19日(金)午後6時30分から
むめい無名あん庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

「ジェリーフィッシュ」 原題 Meduzot
監督:エトガー・ケレット、シーラ・ゲフェン
イスラエル・フランス映画/2007年/カラー82分
2007年 カンヌ国際映画祭 カメラドール受賞
脚本:シーラ・ゲフェン 撮影:アントワーヌ・エベルレ
出演:サラ・アドラー、二コール・レイドマン、ゲラ・サンドラー、ノア・クノラー
マネニータ・デ・ラトーレ、ザハリラ・ハリファイ他
*上映とおはなし KAZEHIME?!(かぜひめ) 

私のえらんでみたい一本・・・うみのなかでは・・・ おかにあがると・・・
ずうっと、見ていてもアキナイ 
ジェリーフィッシュ = くらげさんたち 
そんなタイトルのついた、この映画と出会ってから、ずいぶんたちました

事実は小説より奇なり!
先ごろのリアルは、現実をはるかにこえている
かといって、パーソナルライフはそんなに変わっていない、ハズ
少女はどこから来たんだろうか、そして、どこに行ってしまったんだろう
アイス売りのおじさんは、どうしたって、年とらない
海は近くなのに、部屋にこもる
ここでは、
アニマとアニムスが、うまい具合でまじりあい
なので、
スクリーンの前は、男座りでも、女座りであっても、だいじょうぶ
そして、
ひらいたむこうから、「果てないとこ」がやって来たとしても、オソレナイわ
謎は謎のままに

最後に、
詩は他人が書き繋ぐ
そこがなんとも、わたしは好きだ
見終わったあとに味わうニュアンス
映画も楽し、みなさんの2月に捧ぐ

○KAZEHIME?!(かぜひめ) プロフィール
らぶラボ中

お楽しみに
c0211734_22442146.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2016-02-03 19:52 | 無名庵シネクラブ上映

無名庵は14日まで松の内。催しは16日(土)万(よろず)美術部開催です。

松過ぎて 年始まりの無名庵  憲治
四季にわたってその色を変えない「松」は長寿の象徴。アカマツ、クロマツは日本人にとってかかわりの深い、最も重要な樹木です。日本の木造建築はマツによって「建って」いるといってもいい時代もありました。
マツは代表的な陽樹です。日当たりの場所、そして、根が深く伸び、芽をだす力も強いクロマツを、一本でも探し観て、無名庵の今年の矢立てのはじめとします。
c0211734_21371889.jpg

c0211734_21375746.jpg

c0211734_21382924.jpg


1月16日(土)万(よろず)美術部開催。子ども、大人、さあ、みんなで ご一緒に!アートであそぶ。自由に創作する時間を楽しみましょう。お申込み・お問合せは百石企画(ももいしきかく)℡090-9680-0561毎月第3土曜日の午後2時~5時まで開催
c0211734_21591737.jpg


百石企画のmomoさんがカフェ カンパー二ュ(ゆいまーる)にて1/12~30まで作品展「ふくらむ時間」開催中です。11時~16時(日・月・祝定休)八王子市南新町17-5田村ビル1F℡:042-626-2296

エアーくうーパフォーミング・アーツ研究会主催のダンスパフォーマンス「C]2月13日(土)午後4時半からと、14日(日)午後3時半からの2回公演。会場:クリエイトホール5Fホール。各チケット1000円予約・お問合せFAX 042-697-2740/電話090-6528-8012です。

2月19日(金)無名庵シネクラブ第30回映画上映会(無名庵にて)イスラエル・フランス映画「ジェリーフィッシュ」エトガ―・ケレット、シ―ラ・ゲフェン監督2007年/カラー82分。上映とおはなし。推薦者はKAZEHIME?!(かぜひめ)さんです。お楽しみに

2月24日(水)「無名庵朗読の午後」開催 朗読:堀越セツ子さんです。午後1時30分から開演。お問合せ・お申込みは電話042-584-0256堀越さんへ
[PR]
# by mumeian2009 | 2016-01-12 10:30 | おしらせ

12月19日~24日まで「ふとっちょソックス」展開催(21日休み)八王子・いちょうホール2Fにて

山くれて紅葉の朱をうばひけり 蕪村
紅葉は、冬をむかえる木ぎのひとときの姿です。
c0211734_17554896.jpg

無名庵の満天星(どうだん)つつじも鮮やかです。冷たい風が枝をゆすってふきぬけていきます。

「2015ふとっちょソックス展」開催(21日休み)入場無料

12月19日(土)~24日(木)11時~20時まで最終日17時まで展示(21日は休館日)
なお、23日(祭日)の14時からパフォーマンス リレー「あかるい庭」
   15時30分からパーティー
パフォーマンス リレーは必見です。新しいジャンルの舞踏・パフォーマンス

八王子いちょうホール2F第2展示室

主催:AIR(エアー)-空(くう)-パフォーミング・アーツ研究会
お問合せ:℡090-6528-8012

会場に、それぞれの作品から想いのエネルギーがひろがります。どうぞ、冬のひとときをお過ごしください。
c0211734_17572672.jpg

無名庵オーナーも参加です。黒の漆を利用した太陽の恵みをアート「黒の四角」に制作しました。対象物のない絵画や抽象絵画の原点に挑戦の作品です、作者の直感をぜひ、見てください。
[PR]
# by mumeian2009 | 2015-12-19 10:39 | おしらせ

12月11日(金)無名庵シネクラブ第29弾映画上映会「散歩する惑星」

11月、雨が降るたびに寒さを感じる。「眠るときにもう1枚身に着けるのにネルの1枚です??」
草の実の 色をうつして 雨の糸  無名
c0211734_20565020.jpg

c0211734_1855595.jpg

12月、鳥ねぐら いちょう落ち葉を みて休む・・・憲治


無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第29弾
映画上映会はラブ・アート・パフさん推薦の
スウェーデン・フランス映画「散歩する惑星」監督ロイ・アンダーソンです。
お楽しみに!
次回予告のフライヤーより
みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK!
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ 第29弾
映 画 上 映 会
2015年 12月11日(金)午後6時30分から
無名庵ギャラリーにて ギャラリーは、午後6時オープンとなります。
上映後、みんなでお話タイムを過ごします。

「散歩する惑星」

原題 ”Sanger fran andra vaningen"を直訳すると「二階からの歌(曲)」
監督:ロイ・アンダーソン
スウェーデン・フランス映画/2000年/カラー98分
第53回 カンヌ国際映画祭 審査員特別賞受賞
脚本:ロイ・アンダーソン 製作:フィリップ・ボベール 音楽:ベニー・アンダーソン
出演:ラース・ノルド、シュテファン・ラーソン、ルチオ・ヴチーナ、ハッセ・ソーデルホルム 他
*上映とおはなし LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ)
私が拉致された大気晩臭型微香星の一本、「散歩する惑星」・・・
「眠るとき身に着けるのはシャネルNo.5を5滴だけ」と言ったのはマリリン・モンローだったと思うが、「散歩する惑星」を散歩する時は加齢臭とホルマリンの滴(しずく)がまとわりついてくる。シャネルNo.5を生み出す重要なファクターであった成分がアルデヒドであること、加齢臭の原因の一つであるノネナールがアルデヒド類であり、ホルマリンはホルムアルデヒド水溶液であることを考えると、マリリンがこの映画に出会っていたら、「死ぬとき横たわるベッドは散歩する惑星」と言ったかもしれない。
日焼けマシンに入りながら部下に大規模解雇の命令を下す会社経営者。勤続30年、無遅刻無欠勤の真面目社員が突然解雇され必死に取りすがる。訪問先で人物を捜す男はビルの前で、通りすがりの男性たちに因縁をつけられ、いわれなき暴行を加えられる。マジシャンは人体切断に失敗してしまい、お腹を切断され飛び出した腸を抱えた男は介護なしでは生活できない。人生に絶望した男は自分の店に放火してしまう。心優しい運転手は客の愚痴を聞きすぎて心を病んでいる。目隠しされた子どもは、厳粛な儀式と共に穴につきおとされる。酒場は人生に諦念した老人たちばかり。ここから脱出しようとする人で道路は渋滞するし、空港は荷物を抱えた人が山積みの荷物を積んだカートを必死に押している。世紀末の世の中の不安をネタにキリストの磔の像を売り歩く男。そして、なぜかみんなの顔は白塗りで・・・とある惑星の、とある街で次々と起こる不条理な仕打ち、出来事。穏やかに暮らしたい気持ちと裏腹に、思うようにならない人生を嘆き、しがみつき、諦め、袋小路で立ち往生している人たちがいる。死にそうで死んでない、死んでも死んでない人たちの微香が鼻をコチョコチョくすぐる。
構想20年、撮影4年、1シーン1カット、オールセット撮影、俳優たちはみんな素人で、はっきりとした脚本がないため資金が集められず、やむを得ずコマーシャルの仕事を始めると、カンヌ国際広告祭で8度もグランプリに輝いてしまったロイ・アンダーソン監督。本作は彼の「生きるための3部作」の記念すべき第1作である。

☆LoveArtPuff (ラブ・アート・パフ) プロフィール
1957年北海道生まれ、東京造形大学除籍、主にフォト・インスタレーション製作者

お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)
携帯090-9957-0880  
協力:AIR-空-パフォーミング・アーツ研究会 http://airpai.com

c0211734_2181100.jpg

[PR]
# by mumeian2009 | 2015-11-02 21:04 | 無名庵シネクラブ上映