ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

秋の豊作を祈り、収穫に感謝をこめて名月(芋月)を楽しむ!台風17号直撃のため中止します。

9月30日(日)は十五夜である。
月はやしこずえは雨を待ちながら 芭蕉
c0211734_19404076.jpg
c0211734_19411851.jpg
c0211734_1941368.jpg

台風17・18号が日本列島に近づいている。水蒸気は大気中で凝結して水滴にもどるとき、熱を放出する。その熱の一部が運動エネルギーにかわり、台風を維持する。大陸に上陸すると急速に衰える。水蒸気という燃料の補給を絶たれてしまうからだそうだ。
台風17号で被害が少ないことを願う。
先人は、雨の時でも雨月(うつき)、曇りの時も無月(むつき)で名月を愛でる。
昨日、月下美人の花が2コ咲いてしまった。月の下でだけ咲く花である。
この香りの強さ・・・残り6コは満月の日の午後8時か?
昨年の写真で、毎日観察準備。そして台風情報も気になる。
c0211734_1946870.jpg
c0211734_19462488.jpg
c0211734_19465034.jpg
c0211734_1947971.jpg
c0211734_19472476.jpg
c0211734_19473662.jpg

台風というと、むかしは文学的表現で野分(のわき、のわけ)といった。
秋草の野の吹き分ける野分は荒々しい破壊的なものだが、
昔から日本人はこの台風を恐れながらも歌に詠む。

芭蕉野分けしてたらいに雨を聞く夜かな  芭蕉 

台風と植物の芭蕉の葉。バサバサすごい音と強風と雨を見ていたのだろうか。 
芭蕉の珍しい葉が江戸・深川芭蕉庵で見て、この時から桃青を松尾芭蕉にしたのか?
東北の被災地は大変だ!「おくのおくの細い道である」
[PR]
by mumeian2009 | 2012-09-28 20:03 | おしらせ
<< 無名庵シネクラブ映画上映会ドキ... 無名庵の2階、簾戸(すど)と畳... >>