ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

4月13日(金)無名庵シネクラブ第43回映画上映会開催

春分の日、二十四節気の一つ「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日
東京の西、高尾山に日が沈む。片倉城祉より望む。北の斜面の雑木林の中にカタクリの群生地があり、
西日を浴びて下向きに咲いている。花ことば「さびしさに耐える」・・・なるほど、ガンバって咲いている。
花の種に甘さがあり、アリなどが巣に運び、そこから群生地がひろがるそうです。
無名庵の前のコンクリートの隙間にスミレも咲きはじめ、やはり花の種が甘く、アリが巣に運び発芽する。
自然とともに、くらしを大切にしたいギャラリーを開いています。よろしく!


c0211734_21075553.jpg













c0211734_18515785.jpg
















4月13日(金)映画上映会 午後6時30分から
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第43弾 (終了)
『流れる』成瀬巳喜男監督1956年 モノクロ117分
推薦者 波多野哲朗さんのお知らせフライヤーより抜粋


『流れる』

監督:成瀬巳喜男

日本映画/東宝1956年/モノクロ/117

原作:幸田文

脚本:田中澄江、井出俊郎  製作:藤本真澄

撮影:玉田正夫  音楽:斎藤一郎  美術:中古智

出演:

田中絹代  山田五十鈴  高峰秀子  岡田茉莉子  杉村春子

中北千枝子  松山なつ子  賀原夏子  泉千代  南美江

宮口精二  仲谷昇  加東大介  中村伸郎

栗島すみ子(特別出演)

*上映とおはなし
 波多野哲朗(はたのてつろう)

次回(413日)の「上映とおはなし」の担当は小勝雅夫さんの予定でしたが、小勝さんが重症のインフルエンザに罹られたため、急きょ波多野がピンチヒッター役を引き受け、上映作品を選んでこの「次回予告」を作成いたしました。しかし次々回(68日)の「上映とおはなし」はパフさんが担当し、それ以降も従来のローテーションにしたがって上映会を開催してまいりますので、よろしくお願いいたします。

「あなたが最も高く評価する日本映画を1本挙げてください」などという無理難題を押しつけられたとき、私は「う~ん…」と唸ったあと、「成瀬の『流れる』になるのかな」と答えるだろう。だがこうした<間違った>質問を平気で投げかける若者にかぎって、私のこたえに怪訝な顔をするのだ。おそらくこの映画が日本を代表する小津、溝口、黒澤のものではないからだろう。たしかにこれらの「巨匠」たちの映画には凄まじいものがある。厳格なフォームを徹底することで、かえってそこから逸脱する微細な感情の起伏を生々しく際立たせる映画『東京物語』。流れるようなカメラの動きで、精緻極まりない人間と世界との関係を描写する映画『雨月物語』。シリアスを装いつつ、活劇の歓びを凝縮させた映画『七人の侍』。しかもこれら「巨匠」たちはおしなべて寡作であって、取りこぼしが少ない。だから「作家主義」のお眼鏡に叶うのである。それに引き換え成瀬のフィルモグラフィーは約90本、そこには無数の駄作がある。映画作家というよりは映画職人と見なされてきた成瀬であり、名監督と見なされるようになった晩年においてすら、この傾向は根本的には変わっていない。にもかかわらず私たちは、凡庸な砂利石に混じって珠玉のように輝く何本かの映画を発見するだろう。『流れる』はその1本である。だがこのような映画は、日本映画にはもはや二度と出現することのない映画である。そもそもこれだけの女優たちをどうやって1本の映画に集めることが出来ようか。サイレント時代の幻の大スター栗島すみ子、あるいは山田五十鈴と田中絹代の共演。さらには映画のラストを飾る山田五十鈴と杉村春子による三味線の連弾。しかもこの物語は、没落する柳橋の芸者置屋の内輪話。一度「断筆宣言」をした幸田文が、置屋の女中として住み込んだときの体験談を基にして書かれているのだから、昭和を生きた女たちのこの奇跡的な出会いには、ただただ刮目するほかはない。
c0211734_06535092.jpg
















無名庵より: 4月13日午後6時30分から映画上映会。眼が疲れない大きなスクリーンに映写です。おたのしみに!

[PR]
by mumeian2009 | 2018-04-01 19:33 | 無名庵シネクラブ上映
<< 5月9日午後2時から市民公開講... 3月28日(水)無名庵 朗読の... >>