ブログトップ

くらしアート 無名庵 ギャラリー

mumeian.exblog.jp

8月31日(金)無名庵シネクラブ第45回 映画「バティニョ―ルおじさん」上映

西日本を中心とした記録的な豪雨、災害で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。被災された方の一日も早い生活再建を願います。
平安時代から洪水などにより疫病が流行し、その退散を願った京都最大の祭、祇園祭(祇園御霊会ぎおんごりょうえ)が始まっている。日本で初めての都市における祭である。都市の造営の際、そこの自然風土をふまえた形で再生することをねがいたい・・・

8月31日(金)午後6時30分から(午後6時オープン)
無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ第45弾映画上映会
フランス映画『バティニョールおじさん』
推薦のフライヤーより抜粋

みんなで見ると楽しみが10倍、たたみでごろ寝で見てもOK

無名庵シネクラブ「私の一本」シリーズ

 第45弾 

映画上映会

バティニョールおじさん

MONSIEUR BATIGNOLE

フランス映画/2002/カラー103

第10回フランス映画祭横浜正式出品作品、2002年モントリオール映画祭正式出品作品

監督:ジェラール・ジュニョ 脚本:ジェラール・ジュニョ、フィリップ・ロペス・キュルヴァル

製作:ジェラール・ジュニョ 、ドミニク・ファルジア、オリヴィエ・グラニエ

音楽:カトリーヌ・ケルベル 撮影:ジェラール・シモン

キャストジェラール・ジュニョ 、ジュール・シトリュク 、ミシェル・ガルシアジャンポール・ルーヴアレクシア・ルタルゲッツ・ブルガーエリザベス・コメリンム・カーマンダミアン・ジュイユロヴィオレット・ブランカエルダフネ・ベヴィール

*上映とおはなし 滝島憲治(たきしまけんじ)

「エンターテインメントとして第一級の面白さなのに、ズシンとこたえる。・・・

こんなとき、自分ならどう振舞うだろうかと自問せずにはいられなかったのだ・・・」と

この映画のDVDケースに、アニメーション映画監督 高畑勲の推薦している文章を探しました。

高畑勲は、去る4月5日にお亡くなりになり、遺作となった『かぐや姫』や、また、『アルプスのハイジ』・『ホーホケキョとなりの山田くん』・『おもひでぽろぽろ』など、その日常を丁寧に描き、観客に思考する余地を残すことに努められ、多くの作品を残されました。ご冥福をお祈りしたいと思います。

『バティニョールおじさん』は、ジェラール・ジュニョ監督自ら脚本・主演の映画です。ぜひ、みなさんと鑑賞したいと思い推薦致しました。

ストーリーは、ナチス占領下のフランスを舞台に、ふとしたことからユダヤ人の子供たちを匿(かくま)うことになった主人公が、やがて彼らの逃亡を手助けするために決死の選択をする姿を描く感動のドラマです。平凡な中年男が、戦争の不合理に直面して、自らの尊厳を取り戻していく過程をコミカルな要素を織り込み、暖かな眼差しで見つめる。

1942年、ナチス占領下のパリ。ドイツ軍はユダヤ人検挙の協力をフランス国民に要求していた。肉屋を営む主人公のバティニョールは、ナチス支持者の娘婿が隣家のユダヤ人、バーンスタイン一家を密告したことから図らずもナチスに協力してしまう。そんなある晩、バティニョールのもとにバーンスタイン家の12歳の息子シモンが現われる。連行先からなんとか逃げ出してきたと言う。あわててシモンをかくまうバティニョール。仕方なく、シモンをスイスへ逃そうと画策するバティニョールだったが・・・。

高畑勲の推薦文も紹介します。

「平凡な肉屋のおっさんと子どもたちにこんなにもドキドキハラハラさせられ、思いもかけず笑ってしまい、そして最後は感動の涙。エンターテインメントとして第一級の面白さなのに、ズシンとこたえる。心満たされながら、よかったね、だけでは済まなかった。状況は深刻で、おっさんが善意の深みにはまっていくのをハラハラ見守りながら、こんなとき、自分ならどう振舞うだろうかと自問せずにはいられなかったのだ。映画は真実味にあふれている。フランス人にとってナチス占領時代は、こういう深刻で真剣な自問のために、

何度でも取り上げ、思い返さなければならない苦しい時代なのだろう。

たしか、私たち日本人にも、そういう時代あったはずだが・・・。」   


お問い合わせ:無名庵(むめいあん)昼12時から午後7時まで(月曜定休)携帯090-9957-0880  

協力:AIR-空ーパフォーミング・アーツ研究会 http://airpai.com

c0211734_17162430.jpg

[PR]
by mumeian2009 | 2018-07-17 09:03 | 無名庵シネクラブ上映
無名庵シネクラブ第44回映画上... >>